2019 冬コレ

  • 2019.01.02 Wednesday
  • 18:14

 

こんばんは、ファッションリーダーです。

 

渋谷に住んでいる私がオサレでないはずもないので今日は私服とか紹介したいと思います。

 

 

「johnbull B-3フライトジャケット ブラック」

 

 

過酷な環境下における使用を想定して軍用に開発されたフライトジャケットの中にあってもヘビーゾーンと呼ばれる-10〜-30度の高々度にも耐え得るよう作られたB-3タイプは1934年アメリカ陸軍航空隊に正式採用されたモデル。

 

頭文字のBと爆撃機(Bomber)の搭乗員が多く着用したことから通称「ボマージャック」とも呼ばれている。

 

とにかく防寒性を優先するため元来は素材に洋皮革を用いた、いわゆるムートンジャケットなのだが、

 

これをジーンズの聖地として世界に知られる岡山県は児島のブランド「johnbull」が、あえてデニムで仕上げた逸品。

 

防寒性はそのままに、街中で着用するにはともすれば大袈裟にもなりかねない軍用由来の重量感を上手にカジュアルダウン。

 

それでいてあくまでもB-3のシルエットを尊重したデザインが見事。

 

控えめにヴィンテージウォッシュされた渋みのある黒が男を上げる。

 

 

「johnbull B-3フライトジャケット カーキ」

 

 

デニムのメッカ、岡山は児島のブランド「johnbull」が手掛けたB-3タイプのフライトジャケット。

 

羊皮革の代わりにデニムを使用しているが防寒性能は抜群。

 

むしろカーキという色合いがオリジナルのそれを超えるミリタリー感を強調した硬派な一着。

 

素材を生かしたストレートなコーデも良いが一歩間違えればミリヲタ風にもなりかねないので、

 

ここはあえてカジュアルなアイテムを合わせたラフな着こなしを楽しんでみたい。

 

 

「johnbull B-3フライトジャケット インディゴブルー」

 

 

あれ?

 

イタリアだかフランスで生まれてアメリカで育ったデニムの世界的生産地が今や児島にてフライトジャケットを作ったブランド名がイギリス魂を意味する「johnbull」って、

 

なんて言うか、さ?

 

デニムのB-3。

 

ここまでデニム感が強いと、もはやジージャン。

 

どうでもいいんだけど通販サイトとか見てるとフライトジャケットの表記ってスゲー曖昧じゃない?

 

B-3をB-6やD-1と混同してるぐらいならともかくも、デッキジャケットのN-1なんかと間違えられてたりするとイライラするんですけれども。

 

ったく。

 

 

「johnbull B-3フライトジャケット ブラウン」

 

 

あぁん?!

 

最初に紹介したブラックと同じだろうってぇ!?

 

ぜんぜん違うやろがい!

 

オラぁ?!

 

 

色が違えば製造年も異なるからタグのデザインもちゃうやろがい!?

 

同じってのはなぁ!こういうのを言うんじゃい!

 

 

そう、

 

黒は二着持ってるの。

 

ちなみに向かって左は使用年数が長いため少々くたびれてきていて、もっぱら通勤時専用になりつつあるブラック。

 

右はまだまだキレイな余所行き用のお出かけブラック。

 

まぁ画像を見れば一目瞭然だよね?

 

2019ほぼほぼLIVEブログ

  • 2019.01.01 Tuesday
  • 01:42

 

明けましておめでとうございます。

 

「べつに?ちょっと日用品の買い出しに行くだけですから?」と己に言い訳をすれば渋谷にも新宿にも部屋着のまま出かけたとして何ら抵抗が無い程度には羞恥心がマヒしてしまったけれど家から最寄りの100均が竹下通りなのはただの地獄ですサヰキです。

 

何をするでもなくボンヤリしているうちに年が明けていました。

 

ちょっともったいないというか、せっかくなんだから感に苛まれていると、

 

そういえば毎年日本一の初詣参拝客数で知られる明治神宮がいよいよご近所なわけです。

 

どのくらい近いって、それでも漫然と続けているポケGOのマップで見るとこんな感じ。

 

 

さすがにセンター街のカウントダウンは怖いけど、神社にお参りをする属性の人々ならば数が多いとて比較的秩序は保たれているであろうと踏んで、ちょいと冷やかしに行ってみます。

 

遠巻きに眺めて「きゃー」言うて帰るんだい。

 

と、早速の正月仕様。

 

家を出てすぐに見える代々木のNTTビルが紅白になっていました。

 

 

 

で、歩くことものの5分、明治神宮北門に到着するも、

 

あれ?

 

 

人がいなくはないけれど、思っていたのと何か違う。

 

もっとワーッとガーッってなってるんじゃないの?

 

まぁまぁ広い境内のことですし、中に入ってメインイベント会場あたりまで進めば報道映像でお馴染みの通勤ラッシュレベルなエクストリーム参拝が体験できるのかもだけど、お参りまでするつもりは端から無ければ、ガチ人ごみの中にマジ突入する気などさらに無いのでこれで終わります。

 

言うても来ておいてなんですが、君子危うきになんとやらですわ。

 

ここまで来る途中の短い間なのに見たことないようなおびただしい数のパトカーやら救急車が明治通りを渋谷方面にやたらと爆走していたのも気になるし。

 

年明け早々、都会は物騒でやんすなぁ。

 

こえーこえー。

 

帰ろ。

 

あえて言おう、元気であると!

  • 2018.12.31 Monday
  • 16:12

 

「早いものです、もう1年」

 

「いや〜、あの時の年越しそば美味しかったな〜」

 

のCMで広島県人にはお馴染みのあの店は、ご時世もあってか今時は大晦日を完全休業としているからふらっと思い付きで行っても食べられないよ気をつけて。

 

大晦日にやっていたって予約のお持ち帰り分の受け渡しだけで当日店舗じゃ食べられないってのは数年前からのことだけどさ。

 

どうもこんばんは、何年かぶりに数の子から解放された自由な大晦日を生きている男、サヰキです。

 

なんだよ?数の子って?

 

なんやかんやで上京してきてからも広島から来てくださる方々とお顔を合わせる機会も多く、

 

社交辞令だとしても安否や近況について気遣いのお言葉をいただいたにしても、

 

判で押したように「まぁ息災です」と答えるしかない私めが、

 

こと健康面に関しては間違いなく問題がない旨を資料とともに提示して今年最後のブログとさせていただきますハイどうぞ。

 

 

この前行った献血マニアなら一度は訪れてみたい憧れの場所、野戦病院のほうがまだ快適なんじゃないか?で有名な、まるでケージに閉じ込められた実験動物の気分が味わえる日本一小さい献血ルーム「西新宿献血ルーム」から届いた報告によれば、

 

ね?

 

個人的に思うところのバーテンダー像としてはむしろ逆にいかがなものかと考えさせられる程度には何の魅力も無いぐらい底抜けに健康体でしたとさ。

 

それでは皆様よいお年を。

 

 

なんだか興奮してきたな。

  • 2018.12.29 Saturday
  • 22:21

 

男の子のポーチの中には秘密がいっぱいなんだからね。

 

 

 どうもこんばんは、耳かきフェチです。

 

こんな私が、だからこそ没頭するを恐れるあまりに敬遠していたアイテムをあっさり気まぐれ任せに購入しちまったのがはいこちら。

 

「Wi-Fi電子耳鏡」WiFi Look

 

ネットで買ったそこはかとなく怪しさの漂うmade in チャイナの商品は正直なところナニが正式な商品名なのかもよくわからないのだけれども自称最新版でHD150万画素を誇るスゴイやつ。

 

ライトとカメラが仕込まれた耳かきをWi-Fi送信機と有線でつなぎ、これをあらかじめアプリをインストールしておいたスマホなりパソコンで受信してハイすごい、な代物。

 

お耳の中丸見え。

 

鼓膜も丸見え。

 

ちょー見える。

 

ちなみに10円玉の平等院を撮影してみたらばこんな感じに。

 

 

実際に画面を見ながらの耳掃除となると難易度はそこそこで慣れも必要かと存じますが、控え目に言ってもちょースゲー。

 

ちょー楽しい。

 

これまでは指をくわえて眺めるしかなかったYouTubeの耳掃除動画を自らの手で再現できるわけですよやっほい。

 

まぁ私の場合は常軌を逸した頻度を伴う過剰なまでの常習性が祟って案の定、耳垢どころか毛も生えてねぇ、っていうね。

 

いや、それでも楽しい耳の中。

 

近頃では掃除だの快楽目的の迷走神経刺激すらそっちのけで、

 

「あぁ鼓膜やぁ」と己の鼓膜を見て、そして見て、ただ恍惚とするという、だけという、我ながらに謎な行動を繰り返す日々。

 

これがまた不思議と飽きない。

 

悪くない。

 

否、むしろ良い。

 

はぁはぁ。

 

一応唯一の注意点をご説明しておくと、映像の送信手段がWi-Fiであり、これにはロックがかけられない仕様になっているため、近隣に同アプリをインストールした人がいたとして、タイミングよくWi-Fiの発信に気付かれ、意図的にアプリを立ち上げられたとすると、第三者に耳の中を覗かれてしまうかもしれない、という、まぁ多分あり得ないんですけれども、そんなこと。

 

少し前にご紹介した「リセットポール」と並んで今年の買ってよかったオブ・ザ・イヤーを受賞かつ今後も末永く私にとって不可欠な存在となるであろうアイテムとの出会いにおめでとうございますありがとうございます。

 

さて、今宵もミクロの決死圏と洒落込みますか。

 

はぁはぁ。

 

門松

  • 2018.12.28 Friday
  • 20:41

 

まだクリスマスも終わらぬうちから早々に門松を飾りつけている光景がそう珍しくもない様子を見るにつけ、流石は東京における時代の先どり感に驚愕しつつも、

 

同時に思うところは、なぜにこうも「寸胴」の比率が高いのか?

 

という疑問であり、ともすれば謎である。

 

門松なるは名前のごとく松が本体ではあるものの、デザイン的にはそそり立つ竹の部分こそがシンボリックで目を引くが、

 

元来はこの竹の切り口を真横とした「寸胴」こそが主流であったものが、武田信玄に対する敵意の主張として徳川家康により考案された、竹を斜めに切る形状、いわゆる「そぎ」が誕生して以降は、もっぱらこちらをして唯一の門松と認知する人が決して少なくないぐらいには全国に普及したもなにも家康ゆかりの事ならば華のお江戸は当然「そぎ」でしょ?そうなんでしょ?

 

と思っていたのにご近所さんをチラと歩けば、

 

ここも、

 

 

こちらも、

 

 

あら不思議、

 

 

体感で7:3といったところだろうか?「寸胴」が優勢なのだ。

 

広島においては見かけたことも皆無で、私もたまさか京都在住の際に機会があって見知ったわけだが、もはやその存在すら世間には認知されていないものかと思っていた「寸胴」が、

 

あれ?こっちじゃ主流なの?

 

あるいは今たまたま東京にいるからそんなものかと推理を始めたが、ひょっとして今期の門松業界は全国的に「寸胴」がトレンドとか?

 

もしや水面下で何か大きな力が働いて?

 

まさか秘密結社の?

 

そうか宇宙人が!

 

ね?

 

相変わらずです。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM