X.Y.Z

  • 2011.09.16 Friday
  • 00:00

 寝ますか?


寝る前に、お話ひとつしてあげますよ。




石垣憲一氏著 「カクテルホントのうんちく話」はいろんな意味で勉強になる本だ。


ありがちな「らしい」とか、「と、言われています」、あるいは断言して投げっぱなしといった類の無責任な薀蓄本が氾濫する中、


少々あれだが実に丁寧に研究・検証して、「ではなぜそう言われるようになったのか」の考察まで抜かりなくしたためられている。


の、だが。


一部の軽率なバーテンダーによって発生しかねない不安を孕んでいるのも事実だ。


 


著書の中で「XYZ」の説明の際、今回の話に必要な箇所だけ押さえザックリ記すと、



XYZというカクテルはアルファベットの最後ということで「もう後が無い」「これでお終い」、


転じて「これ以上のものは無い」、「究極の」と言うバーテンダーが多いが、XYZという文字に本来そのような意味は無い。


海外でXYZの意味するところは「ナイショの」、「秘密の」といった意である。


なぜXYZが「最後」と訳されるようになったかと言えば漫画「シティーハンター」の影響である、と、


大体こんな感じだ。



うむ。


何やらここだけ語るとトリビア的な軽い本に思われそうだが、


著書の中ではこの海外のXYZの意の由来や、そもそもジンベースだったとするレシピの存在まで解説してあって実に知的で、


そしてある意味少々難解というかその、まぁ、勘違いしないで頂きたい。


と、フォローをしつつも、ここが最大の問題なのだろう。


「ヘー、XYZってシティーハンターの影響で「最後の」って意味になったんだー。」


と、そこだけ安易に汲み取ってカウンターで話のネタに使うバーテンダーが多いわけだ。


めっ!


言っても著者は素人さんだ。


バーテンダーなら知っておかねばならない事実もある。



漫画「シティーハンター」が週刊少年ジャンプで連載スタートしたのが1985年。


これに先立ち1983年に読切で「シティーハンター XYZ」なる作品も掲載されているのだが、


いずれにしてもそれより以前の1980年に公開された松田優作主演映画「野獣死すべし」のクライマックスシーンにおいてXYZは堂々登場する。


ご存知の方からすれば映画史に残る名シーンだ。


漫画作者の北条司先生に聞いてみなければ判らぬことだが「シティーハンター」のXYZの元ネタは、


年代と、第二話において早速カクテルのそれも登場することを考えればおそらくこれだろう。


石垣氏は私より3つほど年上なだけ、当時はまだ小学生。


映画公開時にXYZってどんな酒だろう?と、これきっかけで初めてBarに足を運びXYZを飲んだ人も多いなんて話など知らなくてもおかしくはない。


 


で、そのシーンというのが、詳細を語ると盛大なネタバレになってしまうので要点とセリフのみ記すが、


松田優作がとある男を追い詰めて、



松田「酒の名前ですか? 覚えてます。 ラムにコアントロー、それにレモンジュースを少々。 シェークするんです。わかりますか? 」


男「X・・・Y・・・Z・・・」


松田「そう・・・ これで終わりって酒だ!」



と、しかもここに至るまで延々と「リップ・ヴァン・ウィンクル」の話を語りながらだ。


リップ・ヴァン・ウィンクルと聞いてピンとこないようではバーテンダーではない。


加えて今回の話の核であるXYZにいたっては、劇中に様々なカクテルや酒が登場する作品は数あれど、


レシピの全てと処方に加え意味まで説明し作品に反映させるという極めてレアな扱いだ。


それも邦画で。


おまけに松田優作。



世の中には本来の意味よりも大切なエピソードってやつも存在する。


特にカウンターの上では。


XYZを注文した客が、「これ飲んで嫁が消えてたらどうしよう?」と呟いたらなんと答える?


キョトーンか?


「それよりお客さん、XYZってシティーハンターの影響で・・・」か?


どあほう。


「寒いんですか?寒いんでしょう?」ぐらい言って話を転がせなくて何がバーテンダーか?!


意味がわからない?


作品を見ろ、作品を!


だいたいな!


あぁそうだ!だいたいがだっ!


ギムレットと言えばフィリップ・マーロウだとか、ウォッカマティーニと言えばジェームス・ボンドがとか、


何かにつけてはヘミングウェイとか!


読んだのか!?あぁっ!?実際!読んでから言え!読んでからっ!


 


・・・・・。


落ち着けオレ。


XYZはですね、逆にですね、一周回ってですね、これでお終いって意味でいいんですよ、Barでは。


寝ますか?


寝る前に、ひとつ覚えておいてくださいよ。


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM