時々、バーテンダーごっこ。

  • 2018.04.24 Tuesday
  • 15:58

 

 

左から、

 

フランスの「ラ・メゾン・ド・ウイスキー」より「アーティスト・コレクティブ」は「ベンリネス21年 1995」。

 

同社でシリーズ化されていた「アーティスト・コレクション」とは似て非なるものなりで、「コレクション」をガンダムとするならば「コレクティブ」はジムとは言わないまでも陸戦型ぐらいの立ち位置らしいけど価格はモノにもよるとはいえ、こちらのボトルはヘタなガンダムより高コスト機、

 

っていうね。

 

コンセプトってなんだろう?

 

ベンリネスなんてナナメなチョイスがいささか心配ではあったものの、カスクであることも手伝って飲み応えを補いつつ、良い意味で普通のウイスキーとなってましてテイスト的にはね、これはこういうモノとすると文句は無いのだけれどもやっぱ高くない?

 

時代だねぇ。

 

 

続きまして真ん中が、

 

「グレンドロナック 24年 1992」

 

大人の都合や裏事情のおかげでオフィシャルのくせに一目では見分けがつきにくいバリエーションがやたらと多すぎるでお馴染みドロナックの、こちらは日本のメーカー「ウィスク・イー」向け、ペドロヒメノス樽熟成の一本。

 

わかりやすく甘いは美味いを真っ向から体現している魯山人も大喜びしそうな仕上がり、って感じ。

 

カスクナンバー8311のヴィンテージが92なので96にアライド社に買収される以前の代物ならばフロアモルティングかつ石炭による直火蒸留という今は亡き仕様の原酒、ってことです、

 

というマニア向けの小ネタも置いときますね、と。

 

 

最後に右が、

 

ダグラス・レイン「ティモラス・ビースティー 18年」

 

毎度のヤツはいつものごとくハイランドのブレンデッド・モルトの熟成年数表記バージョンは限定ボトル。

 

あのさ、

 

別にいいんだけどね、

 

こっち来て飲み歩いてて、

 

「ブレンデッド・モルトでなにか面白いものがあれば」

 

て注文したら、シレっとブレンデッド・スコッチ出されたり、

 

「それはバッテッドのことですか?そういうのはバッテッド・モルトてオーダーするんですよ?ププ」

 

とか言われたり。

 

いや、別にいいんだけどね。


あはは。

 

死ねばいいのに。

 

 

そんなわけで、そういえばオレ、バーテンダーじゃね?これBarのブログなんじゃね?という危機感にあおられて唐突にお酒の記事でした。

 

ひたすらにコンクリートジャングルを彷徨う日々の私ですが、一応の職場というか拠点となっている事務所が表参道にありまして、

 

ここがまたデザイン関連のデスクワークをするためにしてはやたらと広すぎるばかりか片隅にはバーコーナーまであつらえてあるというなかなかにふざけた造りのスペースでして、

 

時々パーティー(だからパーティーってなんだよ?)なんかも催されてたりで、先日も、


ってなことで酒棚に新たに追加したボトルを取り上げてみたのでした。


相変わらず物件探しの現状なれど、

 

それっぽいことは、

 

たまにしています。

 

 

 

 

コメント
初めまして。
初歩的な質問をさせてもらいたいのですが、ピュアモルトやバッテッドモルト、ブレンデッドモルトは日本では同じ意味なのでしょうか?それとも割合で呼び名が変わるのでしょうか?
ストラスアイラなど英語圏のものと日本のとは違う意味という解釈であってますか?
質問ばかりすみません
  • めがね
  • 2018/05/21 1:31 PM
>めがねさん

まず「ピュア」も「バッテッド」も過去の言葉であり、現在「複数蒸溜所製のモルト原酒を混ぜたボトル」を表示するのに唯一とされているのは「ブレンデッド・モルト」のみです。

「バッテッド」は「ブレンデッド・モルト」と同義として(むしろこちらが元祖ですが)使用されていましたが2005年に本場のスコッチ協会さんが実質的な使用禁止令を出してからは死語扱いです。

「ピュア」は少々厄介で、今時は言ってもいいけど意味のない言葉ですが、かつて、主に日本国内のメーカーが「バッテッド」と同義として好んで使用していた表記、

のみならず、

その語感からくるイメージの良さゆえ、特に80年代から90年代には、シングルモルト・スコッチでもこの表記を採用していた銘柄が多く、

件のストラスアイラしかり、フィディックやリベット、オーヘントッシャンなどの有名どころもこの時代に「ピュア」表記のボトルを販売していました。

ここでめがねさんも混乱されたのでしょうが、今はともかく一昔前のものとなると「ピュア」だからといって「シングル」でないとは一概に言えないのです。

国によって解釈が違ったからこそ統一性が図られたのに新規格が旧規格とカブり気味で普及し難いやら黒歴史とグレー時代のボトルに関しては歴史的な見解を踏まえて判断しなければならないどころか未だに諸々の情報が混同してたり錯綜してたりで、まぁややこしいですよね。
  • サヰキ
  • 2018/05/21 9:13 PM
返信ありがとうございます。
詳しく教えて頂いてとても参考になりました。
日本の表記には悪意がありますね。
  • めがね
  • 2018/05/21 10:35 PM
>めがねさん

いえいえ、どういたまして。
  • サヰキ
  • 2018/05/22 2:49 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM