朝焼けに黄昏て

  • 2011.09.17 Saturday
  • 00:00

 日中はまだ、遠慮を知らない高気圧が我がもの顔でその存在を誇示している狭間の季節。



けれどもこの時間の。



幾分秋の気配を匂わせる、少しだけ凛とした、そんな空気の冷たさが、



仕事帰りの火照った体に心地よい、そう感じさせる今。



午前6時05分。



宮島街道沿 大手牛丼チェーン「Y」2号線五日市店の駐車場で、私は朝焼けの中にありながら黄昏ていた。



 



 



食に対して成熟した者と未成熟な者の間には決定的な思考の違いというものが存在する。



前者が内へと解を探求するのに対し、後者はそれを外へと求めるのだ。



これは作るもの、食べるもの、プロ、アマを問わず共通する点である。



どういうことか?分かり易く言えばこういうことだ。



例えば・・・そう、例えば・・・牛丼だ。




牛丼を作る、あるいは食べるとしよう。



美味い、のだが、これをより美味しくしよう、美味しく提供したい、頂きたいと考えたとき、



成熟せし者は、素材を見つめ直し、調理法を考察し、より牛丼の内面からポテンシャルを引き上げる方法を考える。



この牛肉に対する処理の仕方はこれでよいのか?いっそモノを変えてみようか?加熱時間は?



玉葱はこれで合っているのか?米は?その炊き方は?調味料のバランスは?食べ方は?タイミングは?・・・といった具合に。



目指すところはより完成された牛丼の創造であり、既存の牛丼を深く理解した上で見つめ直す思考。



食す側もまた、その内容を、歩みを、変化を、技術を、見落とすまいと己を磨く。



本質を追求し真理へと近づきたいとする願い、想い。



それが、内へと解を探求するということだ。




これに反して未熟なる者は解を外へと求める。



牛丼以外のもの、つまり第三者的食材なり調味料を用いて安易に味を変え、何かを創造したつもりになりたがる。



たしたがる、かけたがる、つけたがる、のせたがる。



その目的とは既存の牛丼の破壊であり、もはやその行いは牛丼に対する冒涜に他ならないというのに。



つまるところ、彼らが求めているのは美しい味などではない。



新しく、刺激的な、奇をてらっていればそうであるほど良しとする、刹那的な快楽に浸りたいだけだ。



手軽に得られる充実感、理解を求めぬ満足感。



先人の作り上げてきた食という文化に対して感謝と尊敬の念が無いからこそできる蛮行と言わざるをえないだろう。



君が嬉々として破壊しているそれも、君の見知らぬ誰かが創り上げてくれたからこそ、今ここにあるのだよ?



何を生みだすこともなく、ほんの一時注目され消費され、後には何も残らない。


破壊の先にあるのは新たなる次の破壊だけである。



なんと愚かな振る舞いだろうか・・・・。



 



 



カウンター席に腰を落としたはずの私を立ちくらみにも似た目眩が襲う。



落ち着け、大丈夫だ、ゆっくり息をしよう、大丈夫だから・・・。



自分を救い励ましながら、私は気持ちを落ち着かせつつ思考を整理する。




近頃の「Y」の挙動には一抹の不安を抱えていた、それは事実だ。



主力商品の廉価版である牛鍋丼の投入。



やっつけ感丸出しのレトルトカレーのメニュー入り。



大物タレントを起用したCMの大量投下、計画性の無い短期的値下げ。



が、まさか、いや、それは、そうなるだろう・・・。



「トッピング」



あぁ、そうなのか・・・。



とうとう、トッピングがスタートしたのだ。



メニューにはチーズだの葱卵だのといった見慣れぬ名前が並んでいる。



どこを意識しての改革かは考えずしても容易に判る。



私のごく近しい仲間内では、あんなものが流行るようでは世も末だと言われると同時に、



その衛生観念に対する疑問からここ数年連続で



「近々問題を起こすだろうオブザイヤー」を連続受賞しているにも関わらず、



業界首位を獲得した「S」に対抗しての経営戦略に違いない。



時代の流れと言ってしまえばそれまでのこと。



そう、それだけのことなのだ。



ニーズが、変わった、いや、



変わってしまったのは、この世界、そのものなのかもしれない。


どれだけの時間と議論と涙と怒りと悲しみを越えてこの決定はくだされたのか?



苦悩の末の決断を部外者が訳知り顔で非難などできようはずも無い。



そうさ、私に、そんな資格など、有りはしない・・・。



 



 



「牛丼、か・・・・。」



誰に向かって発するでもなく、



店を出た私の口から零れたその言葉は音も無く吹き抜けていった風に運ばれ消えていく。



空気は澄んでいる。



空は高い。



秋が来る。



もうすぐ秋が来るのだ。




「明日は、サンマを食べようか・・・うん・・それがいい・・・それは、いいな。」




そう、思った。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM