ごはん

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 00:58

 

<サイクロン!

 

サイクロン!>

 

\マキシマムドライブ!/

 

て言いたかっただけ。

 

いいんスよ、一人だけには確実にウケている画が浮かぶのでそれで。

 

皆様お気を付けくださいませ。

 

 

で、

 

それなりに葛藤してみたところで成長も解決策も拾えないままぐるっと一周して来たのでやっぱりくだらないことを書き捨てておく最大の理由はヒマつぶしだ俺だコンバンハ。

 

食のこと。

 

なんやかんやの小さなブームを消化し切って環境の整った現在、

 

すっかり自炊がデフォとなった我が家の冷蔵庫の中にはそれなりの食材が常にストックされている状態でして、

 

どのくらいそれなりかと申しますれば、

 

つい先日、偶発的な事故の連鎖の結果の末、数年ぶりに連絡をとることとなった同級生(人妻)が、これまた偶然が重なったとはいえそのわずか数時間後には我が家に襲来し「なにか作れ」と発すればとりあえずの食事を用意できる程度、という説明が目安になりますでしょうか?

 

ここで一つ、私の経験則からなる見解を述べさせていただきたいのですが、

 

海外留学経験のある女性の行動力とそれに伴う、特に移動に際しての距離感は、なんかちょっとおかしい。

 

は、さて置き、

 

お褒めの言葉を真に受けるならばご満足いただけたようですし、

 

自分で言うのもおこがましいですが、そりゃ不味くはならないであろうトータルのスペックは客観的にも一定の水準をクリアしているはずですけれどもだがしかし、

 

実のところはとうに気付いていましたが、

 

いよいよ最近、どうにも自分で作るご飯に対しての不満が募りつつあるその理由とは、

 

可愛げが無いんだよなぁ。

 

なんか。

 

「お店みたーい」なメシが食いたいんならお店で食うし、そうじゃなくて家庭料理的なやーつが欲しいんだけど業務用一筋でここまで来ちゃったらオイ、逆に「お家みたーい」って今さらどこで学べばいいんだよ?オイ。

 

ならば献立とレシピ的なところから、と思いThe家庭な着地を狙って最近毎日作っているのがこちら。

 

 

の品を実は件の同級生(人妻)にも「家庭的でしょ?」と出してみたらば、

 

「ん?全然。まず玉子焼きがオプション付きのダシ巻きなのもどうかと思うけど何と闘っているのか?ってほど巻けるギリのところまでのこんな量の出汁を普通は巻けなくなるから入れないんじゃなくて入れられないわけだし、味噌汁もそうだけどそもそも昆布と鰹で一番出汁なんか取る家庭のほうが稀なんだからこれらは家庭的というテーマにおいてはすでに家から出て帰ってこれないぐらいの所でとっくに迷子になっている。」

 

のだそうです。

 

どうやら冷蔵庫の中に昆布が投入されたペットボトルの水が常備してある一人暮らしの男って時点ですでに取り返しがつかないご様子。

 

顆粒か?

 

顆粒ダシなのか?

 

しかし、それは・・・。

 

いや、やってみようかな?

 

インスタントダシ探求。

 

あれ?

 

それって、料理?

 

家庭的、ってなにさ?

 

うーむ。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM