指の隙間から零れ堕ちてゆくエピローグ

  • 2019.05.18 Saturday
  • 23:23

 

これまでのあらすじ:それはさておきゴジラストアで予約した例の品がそろそろ届くはずなのだが、と待ちわびているサヰキであった。

 

 

 

帰宅後、早速ネットでマックブックプロのコーティングに関する情報を洗い直すが、万全のサポートを受けたという報告ばかりがありふれていて、自力でこれを解決したケースは私がたどり着けたものだとかろうじて一件のみ、それもどこぞのブログのコメント欄に送られてきた話で、

 

「私はピカールで落としました」とする、エビデンスとしてはなんとも心許ない情報だけであった。

 

だが、皆がそこに至るまでの経緯の中にこそ有益な情報は存在していた。

 

酷くコーティングが剥げてしまった人達には共通した行動が見受けられたのだ。

 

それはウェットティッシュなり眼鏡クリーナーなど、成分にアルコールを含んだ何かしらでモニター表面を清掃した人ほど、どうやら被害が顕著である、という事実。

 

思い返せば、かく言う私も小林製薬の「メガネクリーナーふきふき」で清掃した際に尋常でなく被害が拡大している。

 

「メガネクリーナふきふき」といえば「イソプロピルアルコール」を使用している。

 

覚えておられるだろうか?

 

「イソプロピルアルコール」についてはその昔、当ブログでも取り上げたことがある。

 

清掃・洗浄用アイテムとして私にとっては取り扱いに慣れた、勝手知ったる獲物なわけだ。

 

なるほど。

 

敵の弱点は把握した。

 

武器もある。

 

いくぜっ!

 

落ちろ!蚊トンボ!

 

貴様のようなニュータイプのなり損ないは(ry

 

というわけで以下のアイテムを使って作戦を実行していくが、

 

 

言うても個人的なスキルとまで大袈裟なものではないにしろ多少は技量的なそれを必要としますし、責任は負えないのであくまでも私的な経験談であって推奨するものではなく、良い子はマネしないでね、とお定まりの注意喚起と共に工程の詳細に至るまでは省略しつつザックリ話を進めますけれども、

 

浸しーの、

 

 

こすりーの、

 

すると、

 

いきなり途中からだけど、

 

濃く黒いのがコーティング部分なのだが、

 

 

こんな感じで、

 

 

まぁ落ちる。

 

逆に聞きたい、なぜ落ちるのか?待て待て、ちょっと座んなさい、どうして落ちてしまうのか?と問いただしたい勢いでまぁ落ちる。

 

ちなみに冒頭で探り当てた「ピカール」による作業も試してはみたが(ノーマルとグラスターポリッシュの両方で)、大体が研磨剤を使用するのはモニター本体に傷がつく可能性が否めないのでいかがなものか?以前にちっとも落ちやしなかったのですけれども?

 

さて、

 

マックブックプロの不良コーティング除去に関する最終報告である。

 

期限切れで高額の修理費を請求された挙句に天才様から自己解決は無理と宣言された案件でしたが、

 

結果、イソプロピルアルコールを主力とした独自の除去作業によりモニターをはじめ本体自体に一切の損傷も無いまま綺麗にコーティングのみを落とすことに成功。

 

しかしながらコーティングを失ってしまったと捉えれば、これを補うために保護シール等の導入も検討していたものの、むしろモニターの解像度が増したのではないかと思えるほど映りが良くなったし、映り込みも気にならなければ私はお外に持ち出して他人様からのぞき込まれて困るような画面を表示する予定もないので現在そのままで使用しているが特に問題も無くて万事解決にございます。

 

だがしかしまぁ、

 

無くても問題ないし、あっても大して意味はないどころか落ちやす過ぎて迷惑この上ないコーティングって、そもそもいったいなんだったんだよ・・・?

 

どうしてこうなった?

 

ともあれ、

 

どうだ!

 

参ったか!ジーニアス!

 

あんたが言ってた無理を成し遂げたぜ!

 

わーい。

 

ん?

 

・・・。

 

いや、

 

待てよ?

 

なにしろジーニアス。

 

最初からこの結末を見越していたとは考えられないだろうか?

 

自らの労力は最小限どころか何もしていないのに、しかして実際に事は解決している。

 

費用をかけたくない以上事故の可能性も否めない方法しか手段がないならば、これを私に実行させることで己のリスクも回避して。

 

いやいや、それは私自身が動いたからだ。

 

これは私の意思で・・・。

 

でも、まさか、動かされていた?としたら?

 

だって相手はジーニアス。

 

こちらは所詮が凡人。

 

見透かされていた?

 

「Genius Bar」の文字を目にしてムキになるであろうことも計算ずくだとすると?

 

最初・・・から?

 

!?

 

アップルかっ!?

 

ずっと!アップルの手の上かっ!?

 

オレは、

 

やったんじゃない!?

 

やらされた?!

 

!!

 

しまった!

 

自分のお気の毒な性格とおいたわしい思考回路を考慮するのを忘れていた!!

 

勝てない!

 

どの道これは勝てないですぞっ!

 

端から相手にされなかったって時点で戦ってすらいないんだけどね!

 

実はっ!

 

あははっ!

 

世間との相性が悪いとするならば問題は間違いなくこちらにあるのだから、と時々少し悩んだりもするけれど強く、と言わないまでも、それでもちゃんと生きてゆけたらな、と願います。

 

コメント
第一部、完。
拍手。
  • ササキ
  • 2019/05/21 7:22 PM
>ササキさん

次回 「気になるあいつはジーニアス MajiでKoiするアップルストア!?」

でまた会おうゼ!
  • サヰキ
  • 2019/05/21 9:14 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM