「どうでもいいのか」とも言ってられなくなった件の最後にして一筋の希望。

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 19:41

 

仕入れで直接の取引をさせていただいている酒屋さんからあった半額相当分の返金の申し出は、完全に酒屋さん単独の判断だそうです。

 

事の経緯としては私が「おや?」と思いだした頃と時を同じくして裏ラベルに「Product Canada」の文字を発見。(後付けの並行シールなんざまぁいい加減なモノですから私みたいにわざわざ剥がさずとも文字が露見していたボトルもあったのでしょう)

 

仕入元となる輸入業者に問い合わせてみたものの詳細はおぼろげながらもカナダ産であるならば原産国アメリカの表記がウソである以上は申しわけ。

 

てか「ベリー・オールド・セントニック」いうてるボトルの中身がカナディアンはもはや詐欺っしょ?

 

てか8年モノのカナディアンをこんな値段で売りつけちゃダメでしょ?

 

と、

 

輸入業者が対応してくれたわけでもないならば、小売りが独断で自主返金では仕入れ値が変わらない以上もちろん赤字必至の判断は経営的にはいかがなものか?という話ですが、

 

これはつまり、

 

プロとして酒を扱う者の良心と矜持に従った行動、

 

ということで、

 

「メロス!私を殴れ!私は途中、悪い夢を見た!どうせ上からの圧力で金を握らせといての口封じとか、そういう策略なんだろうと君を疑った!」

 

ごめんなさい。

 

素晴らしいと思います。

 

とても。

 

で、

 

これは自慢だのそういう類の話ではなくて私自身、事の発覚以前から店でコレを使ってマンハッタンを作って、じゃぁ幾らで提供していたかと言えば他のカクテルと変わらないウチの「普通価格」でお出ししておりました。

 

わかってますよ。

 

商売としてはダメですよ。

 

でもバーテンダーとしてそこまでの価値を見出せなかった代物を、いくら元値がかかっているからってあらぬ高値で提供してたら、

 

そんなのサルでもできる右から左のおままごとじゃぁ、

 

逆にさ、なんのためにバーテンダーがいんだよ?

 

っていう。

 

てなわけで、

 

いいかい?

 

それでなくとも人のふんどしを勝手に拝借してってどこぞで勝手にお門違いの正義マンを気取る連中も湧きがちなブログゆえに言うとくけれども、

 

返金ウンヌンはあくまでもウチが取引している酒屋さんが良心で行ってくださることなので、他所様から仕入れた人達は変な期待をしないように。

 

ましてやすでにそれなりの価格でお客様に提供していた連中は四の五の言う資格すらないから。

 

テメーが仕入れてテメーの目利きで、これはそれだけの価値ありと判断したんでしょ?

 

そもそもを飲んだことがないなら若干はしかたがないのかもだけど、もちろん試飲もして、そこで違和感もなく、納得して、

 

だからこそオススメしーの、提供しーの、してたのでしょう?

 

それが拾い物の情報で実は贋作らしいとわかったからって、だったら金返せ!じゃ、

 

これが骨董で考えたらどうよ?

 

テメーがポンコツでした、出張お宝鑑定で「ざんねーん」言われる素人レベルでした、ってだけの話でしょ?

 

で、ましてや売る側だからね。

 

ついでに、ってなんだかもうえらく昔のことのようにさえ感じてしまうけど「ヘブンヒルがー」なんて言うてた連中なんざほぼほぼ同罪に等しいレベルのアレだからな?

 

まぁまぁまぁ、

 

ずいぶんと面白くない話が続いてすみません。

 

この件はこれにて終了。

 

あとは知らね。

 

くすねた火種が放火に利用されてどこぞが炎上したって関係ねーから。

 

オレは。

 

もう、開き直ったんねん。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM