カナビス・ジン

  • 2019.11.04 Monday
  • 21:00

 

相変わらず「ジンは何がありますか?」とよく聞かれるので月初めのまとめ発注の折、ついでに注文していたらしいのですが、

 

らしい、というぐらいなのであまり覚えていない以前にそもそものチョイスよ?

 

どうしたオレ?

 

疲れていたのかしら?

 

 

「カナビス・ジン」

 

 

「カナビス」とは特に「大麻」を意味する言葉ですがラベルには「麻」の学名である「CANNABIS SATIVA」とあり、これは日本語ならば「カンナビス・サティバ」と表記するのが正しいので商品名は「カンナビス・サティバ ジン」とするべきだと思うのですけれども皆々様が一様に「カナビス・ジン」とされているので長いものに巻かれておきます。

 

というわけで「大麻」を使用したジンだそうですが、当然のごとくラリっちゃう成分は完全に取り除かれています。

 

しかしてどの工程でどの程度、どのようにして大麻が使われているのかはよくわかりません。

 

大麻のメッカ、オランダはアムステルダムのさらにディープなスポット、レッドライト地区にて二人、ってのがまたその正体はよくわからないものの、ともかく開発して起業して売り出したとかいうベンチャー系でクラフト系なノリの、まぁそういう感じのやつ。

 

お味のほうは有り体なジンにカルダモンとバニラを効かせ気味なところに苦み強めの青臭い、いかにもこれは草の汁ってな香りと味がして、

 

おそらくはそれこそが大麻由来なのでしょうが、だってそんな、大麻の味とか知らないし。

 

てか、あれ?

 

そもそも大麻って味わうものなの?

 

以前に生でバリバリ喰らうもんでもなかろうに、このフレーバーは明らかフレッシュのそれなのだが?

 

ジャンキーさんは「これこれぇ!」ってなるのか?

 

もはやトべない草はただの草が入っているだけと言ってしまえばそれまでだけど、

 

言うても酒なので、

 

って最初から酒で事足りるなら大麻を使った意味よ?

 

というわけで、

 

あらためまして実は嫌味なタイトルと先の指摘、そして途中のウソを解説しておきますが、

 

まーねー、いずれまとめて違法としている我が国では大麻取締法に基づいてアサだろうがマリファナだろうがハシシだろうがまるっと全てを「大麻」って表記で済ませがちなので混同するのも無理からぬ話じゃござんすが、

 

「カナビス」こそが=「大麻」(タイマ)であり、(オオアサと読めば植物のそれを意味するけど今回は皆さまタイマのつもりだろうし、そもそもオオアサなんて知ってんのかよ?って話だし、んでこれ以上のバリエーションやら詳細ははややこしくなるから興味がある人は自習でよろしく)

 

「大麻」とは「アサ」の花冠や葉を乾燥させるなり樹脂化、あるいは液体化することによって製造した薬物のこと。

 

このボトルはあくまでも「カンナビス・サティバ」=植物の「アサ」(強いていうなら大麻草)のフレーバーをつけただけのもの。

 

確かに原料ではあるけれど、なにしろ当の本人がそこを主張しているのだから、ただの「アサ」とドラッグの「大麻」を一緒にしちゃダメじゃね?

 

車の芳香剤だのレゲエのTシャツなんかと違って見た目だけで完結するただのデザインにしてシンボリックなマークってわけではなく、実際クチにするものなら味にも関係してくる代物なんだからさぁ。

 

つまり、

 

またしても毎度のごとく日本でのみ、ってところが悲しいかぎりなんだけど、

 

「大麻」なんて1ミリも使われていない「アサ」のジンなればもれなく「大麻のジン」と紹介されていること自体がウソ。

 

しかも商品名から「サティバ」を省略していかにも大麻っぽい「カナビス」(カナビスかカンナビスかは、まぁもうどっちゃでもいいけど)とか勝手に改名までされているのは大問題。

 

と思うよ。


推したいポイントはわからないでもないけれど、

 

「商品名でもあるカンナビス・サティバとは麻(アサ)のこと。 このジンは大麻の原料としても知られる麻を用いて作られたジンです」

 

でいいじゃん?

 

ねぇ?

 

てなわけでそのテイストが草っぽいのは正解。

 

美味いのか?はまた別の話だけれども。

 

ちょっと待て。

 

ここまで書いて振り返るとまるで良いところが無いみたいじゃないか?

 

そんなことなくてよお立合い。

 

当該商品は透明なガラスボトルに白いフィルムラベルが巻き付けてあり、そして中にはシャルトリューズのヴェール並みにガッツリ緑に着色された本体が注がれているため下からライトを当てると、

 

 

わーきれいー。

 

いや緑て。

 

もはやはたしてオマエはジンなのか?

 

まぁこんなのもありますけど?って今度聞かれたときに出してみよ。

 

存外ウケるんじゃね?

 

「ヤベー」つって。

 

この手のテイストがお好きな方ってのは一定数おられるでしょうよ。

 

知らんけど。

 

ん?

 

ウチってそういう需要がある風だっけか?

 

あれ?

 

どうしよう。

 

 

コメント
飛べない草はただの草、というフレーズが気に入りました。
今度、ここぞというときに、使いたいと思います。
  • ササキ
  • 2019/11/06 12:11 AM
>ササキさん

ちなみにこの度は諸々の経緯を鑑みた上であえて斯様な表現といたしましたが、元ネタを正確に言うと「飛ばねぇ豚はただの豚だ」であり、「飛べない」や「飛ばない」といった誤記はありがちなミスとして煩型からの執拗なツッコミを受けかねないため注意が必要かと存じますとかいう無駄にマニアックなアドバイスを添えておきます。
  • サヰキ
  • 2019/11/06 5:26 AM
記事とは全然関係ないんですけど、新店舗のカウンター上の横長のダクトはエアコンですか?
ボトル上は排気口ですか?
  • Nana-books
  • 2019/11/10 7:48 PM
>Nana-booksさん

はい。カウンター直上の長方形のダクトがエアコン。ボトル棚の上というかカウンター内の頭上にある正方形のダクトが換気扇です。

テーブル席側の天井にも同等のダクトが一基ずつ。

風向の制御に関してはもっぱらサーキュレーターで行っています。

ちなみにあまり見えないようにして足元では空気清浄機と現在季節柄加湿器3台もフル回転中。

快適な空間作りってたいへん。
  • サヰキ
  • 2019/11/11 12:16 AM
お返事ありがとうございます!
参考になります( ˘ω˘ )
私も小さな店舗を営んでおるんですが、大な課題が空調ですね。

私は煙草やめたのと、吸わない方も大分多くなってきたので、換気扇を2基増設したんですが、今度は給気が足りなくて上手く空気が流れません・・・(泣)

一応、給気を増やす予定ですが、空気を流し過ぎるとこれからの季節は暖気と湿気が逃げてしまうので悩みは尽きないです・・・笑
  • Nana-books
  • 2019/11/14 11:22 PM
>Nana-booksさん

温度・湿度・風向・風量・換気・給気・音・ビジュアル・コスト…。

わー!

完璧な空調による絶対の快適空間。

それはもはやガンダーラ。

ご健闘をお祈りしてます。
  • サヰキ
  • 2019/11/15 2:35 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM