全米が泣いた

  • 2011.09.23 Friday
  • 00:00

 先週の連休中にようやく初めて一見さんに来店していただけたというエゲツナイ状況。


しかも100%旅行者さん。


相変わらず他府県のBar好きさんにはウケのいい看板です。


現状名前負けで申し訳ないのですが・・・。


それにしてもオープンよりもうじき二ヶ月。


顔馴染みの方々は除いて同業者すら新規がないとは、


もはや広島にはBarに興味がある人などいないのではないかと心配になってきます。


私の周りでは普通どこかに新しい店ができたとなれば誰かしら情報を持ち寄り、


一度は覗いてみようというのが自然な流れで、


別にそれは敵情視察だ荒探しだなんて邪推は無く、


至極単純にBarが好きで興味があるからなんですがね。


そりゃ当店の場合は昔と同じ屋号ですから私のこと知ってて、


認知してるがあえて来られないって方もいらっしゃるでしょう。


まぁ、それだけのことならいいんですけどね、


「私のことは嫌いでも、Barのことは嫌いにならないでください。」


やっぱり某協会に属して仲良しごっこしないとダメなんでしょうかね。


仕事のクオリティーと志だけは下げたくないので嫌ですけど、


と、少し毒を吐いてみる。


 


そんな中で嬉しいのはお知らせのしようも無かった馴染みのお客様の来店です。


名刺はおろか基本お客様が名乗られないかぎりはこちらからお名前をお聞きすることも無い、


というスタイルで営業を続けてきた私にとって、この度のような状況が一番困るのですよ。


懇意にしていただいている同業者様の店にショップカードを置いて頂く位しか宣伝の手立てが無いわけです。


幸いなことに前の店の頃からお客様の多くは「サヰキ信者」ではなく良識あるBar好きという方が大半でしたので、


当店以外にも立ち寄られる馴染みの店を複数お持ちの人が多く、


もちろん同業者様のご助力もあって懐かしいお顔に再びお会いできるのは大変喜ばしいのですが、


なにせ交友関係だ人脈だなんていう能力にかけては7日目のセミほどの力も無い私です。


打ち揚げられたクラゲですよ。


当然のごとく全ての皆様につつがなくご連絡とはまいりません。


それでも「看板を見つけて」とか「ホームページ見た」とか、


もうそれは、大げさでなく私にとっては奇跡みたいにありがたいことです。


よくもまぁこんな見つけにくい看板に気付いていただいて、


やっつけ感丸出しのホームページを・・・・。


ホームページ?


聞けばなんとなく思い出しては、またどこかでサヰキが復活していないかと時折ネットで検索していた際に、


偶然ホームページを見つけていただいたとか・・・・。


うわぁ。


「まだ僕には帰れるところがあるんだ・・・こんなに嬉しいことはない・・・・。」


ランチでアムロを迎えるクルーほどの数ではないですが、こんな私を・・・・。


 


やっぱりこの手の話をするのはどうも苦手なので茶化しましたが、


本当にありがたいことです。


近頃は歳のせいなのか、バグって深刻なエラーが発生してるのか、


涙腺ばかりが弱くなる一方の私ですが、そうでなくともちょっと泣きそうでした。


でも泣かないよ、バーテンダーだもん。テヘ

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM