シンガポールスリング

  • 2011.10.02 Sunday
  • 00:00

 カクテル「シンガポールスリング」

これで神秘の夕焼け言われても・・・


ただでさえBarにまつわるあれこれはネタ的にカブッって当然なので、当ブログではそのあたり割愛させていただきます。


どこにでも転がっているウンチクを今更焼き直したところでつまんないでしょうし。


どのみちつまんないってツッコミは無しで、ひとつ、どうか、ねっ♪


細かいところを知りたい方はググって下さい。


今時その辺のことはwikipedia辺りでも知ることが出来ますゆえ。



「シンガポールスリングと私」


1994年だか1995年だか、確かその辺りで、ベネディクティンというリキュールにオマケとして付いていた、


「オーセンティックシンガポールスリング」なるレシピは当時私にとって衝撃とまではいかなくとも、


ちょっとした驚きであったことは覚えています。


それまでシンガポールスリングと言えばジンフィズにチェリーヒーリングを沈めたものが常識で、


オリジナルのラッフルズホテルのレシピは今でも金庫に厳重保管されており、


門外不出であるとされていたのが、取引メーカーの手により「これがそうだよ」と公開されてしまったという、


「え?いいの?」と余計な心配を誘う珍事でありました。


その直後から色々調べてみると、そもそもの昔のレシピは全くもって異なるものであるとか、


金庫で保管も箔付けのための作り話だとか、例のごとく考察するのも億劫になる大人の事情的諸説なんたらが泉のごとく湧き出てきて、


そもそもこの通称「オーセンティクスタイル」とか「オリジナルスタイル」なんていうレシピそのものもどこまで信用してよいものか、


それはさて置いたにしても、まんま作ると正直甘すぎて飲めたもんじゃないというのが個人的感想でした。


四の五の言わず一回本物を飲んでみればいいのでしょうが、


残念ながら本州をして世界とし、四国・九州さえも海外であると生きてきた私が、


海を渡ってシンガポールくんだりなどという異国の地へ行ったことなどあろうはずも無く、


どうしたものかと考えていたところ、信頼できるお客様から貴重な情報とお土産を頂いたのは幸運以外の何ものでもありませんでした。


おおよその想像はついていましたが、現地のそれはもうThe観光名物ドリンクであるためホテル内のBarへ到着と同時に、


「シンガポールスリングか?」と聞かれるのと答えるのと作り出すのと、どれが早いか競争よ♪ぐらいの勢いで、


生ビールを注ぐより簡単に専用の機械からグラスに注がれ、チョコチョコッとデコッってはい召し上がれ、とのご報告。


お土産に頂いたのは「シンガポールスリングの素」。


割って混ぜればハイ出来上がり、お家で手軽にラッフルズという代物です。


以上の材料を元に、それまで時折耳にしては私を混乱させていた、


「ラッフルズのカクテル神!」とか、「本物tueeeee!!」という、


本場体験者の一部の声が観光マジックからくる脳内補正であると判断させていただき、


現在当店ではオリジナルにせめてもの敬意を払うべく、グラスは本場と同じものを使用しつつも、


そこそこにお酒の効いた大人の甘口ロングカクテルといった感じに、そのレシピはかなり調整してお出ししております。


デコレーションもピーナッツも生バンドもございません。


想い出には勝てませんでしょうが、日本のBarのシンガポールスリングをお楽しみいただければ幸いです。


 



追記・「シンガポールスリリング」


旧サヰキのブログでネタに使ったことのある伝説のカクテル「シンガポールスリリング」。


最近は作ってくれるところあるんですね。


「とりあえずビール」的なことがしたかったのかそんな考えも無かったのか。


レシピもググれば出てきます。


作っちゃいますか、そうですか。


遊びにしてもふざけるにしてもクオリティーとセンスって大事。


 


 


 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM