トニック・ウォーター(ふわっと)

  • 2013.02.06 Wednesday
  • 00:00

 

ソフトドリンクとしての人気と需要は激低なのに、


酒を割る炭酸飲料としては無いと話にならない、特にBarでは、とされる不思議ジュース。


何はともあれ世界中で最も消費されるカクテル「ジントニック」(と呼ぶのは日本だけで正式なカクテル名はジン「アンド」トニック、これマメ)に欠かせないからなんて、


けっこう単純に実は意外とそれこそが核のような気がしないでもないけど、


実際その他多くのお酒とも相性が非常に良いので、まぁ、便利で実用的な必須アイテムなのは間違いなし。


系統で言えばサイダーの類で、結局その中身は糖類と香料で味付けされた炭酸水。


一般的な炭酸飲料よりも酸味と苦味をやや強めに調整しつつ甘味は抑えた仕上げにしたものが多く、言えば「大人風味のジュース」とか、そこはメーカーによる差が大きいから一概では無かったり。


現状は「シュエップス」(英国ブランド、日本ではコカ・コーラがライセンス製造)が基準だしスタンダード扱いなので、コレを使っとけば無難、


と言うか、他のブランドを使用してると「分かってない」とか言う人もいるので面倒くさけりゃコレ一択で。


最近ではハイクオリティーなマニアック商品もあるのでギャフンと言わせたかったり違いをアピールしたければそれらを選択する手もあるけど、


価格が高いしウンチク覚えるのも大変だろうし。


ウチじゃ常時三種類ほど使い分けてるけども。


てかバーテンダーでも盲信的な「シュエップス信者」が多いだけのことで飲み比べなんてしたことなくても普通なぐらいで、


意外と味についてはテキトーだったりしない?


で、


カウンターにてトニック話の花のつぼみがほころんでしまった場合、


高確率で出てくるのが「本当のトニック」ってネタ。


詳しいところは以前のブログにも書いたとおりで、


何が厄介って、語る人ほどだいたい間違えてるってこと。


おそらく要点は、


「本当のトニックにはキニーネが入ってるが日本のは入ってないからダメだ、俺は本物を飲んだことがある」


といった感じになるだろうから、そん時は、「ふえぇ、すごいですぅ」とか言っとこう。


まとめ的に、以下のことだけ覚えておけばいいんじゃないかな、と。


●もともとマラリアの薬を作る過程で発見された苦味物質(キニーネ)を用いて作られた薬効ジュースの類だけど、


 今はまぁ割とどうでもいい、けどそこにウルサイ人が多い、が、テイストについては二の次三の次、だがしかしブランドにこだわる人がこれまた多し。


●由来がそんなわけだからトニック(tonic)、直訳で(薬的な)強壮剤を意味しているが、


 これには「元気づける」(精神的に)とかの意味もあるんだよとか言う人がいても「おい、漫画バーテンダー読んだだろ?」とか言っちゃダメ。ウソではないし。


●甘い酒、苦い酒、とにかく合わない酒を見つけるのが大変なぐらいの万能選手だけどブラウンリカー(ウイスキーとかブランデーとか茶系の酒)はやや苦手。


●言わずもがな炭酸飲料につき開栓したら使用期限は当日中。


 どんなにカジュアルな店でも「宵越しの炭酸」を使うなんて馬鹿をやっちゃぁいけないよ。



こんなとこ?

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM