徳島「しいたけ侍カレー」

  • 2015.10.29 Thursday
  • 19:07

このブログのカテゴリーなんて気にしてる方はいないでしょうが、もう、なんか、とりあえず新設してみました。

そのうち過去記事も分類し直し、は、どうしよう?

書いて捨ててが生来ならば過去のことってだけでまるで意欲も沸かないけれど追々に。

あともう説明はしないよ?

そうだよ?ここはご当地カレーを紹介するブログだよ?

で、

いただきました。


徳島「しいたけ侍カレー」



Windowsのペイントソフトを使って10分で仕上げたようなパッケージがむしろ素朴でいかにもご当地クオリティといった良い景色。

生産量日本一を誇る徳島県の椎茸を使って作られたカレーは予想を裏切ることなく、そりゃカレーに椎茸を入れたらこうなりますよね?といった仕上がりよりもさらにもう一歩踏み込んだ出来栄え。

その他の具材には肉類など使用せず、玉ねぎと人参のみを、

しかも切り方を短冊とすることでより和風テイストを強調し、

おかげでなのか?カロリーはカレー200gをして驚異の150キロカロリー。

なにより感動的なのは小ぶりながらも三枚、丸のまま投入された椎茸の笠にはキチンと十字の飾り包丁が入れられており、

もはやこれはそこいらのヘタな煮物なんかより、よっぽど「和食」しています。

なるほどこれこそが「侍」たる所以とするならば完成度は非常に高く、

椎茸の味と風味をこれでもかと言わんばかりに引き出しまくりあげていますが、

ゆえに、椎茸嫌いの方にとっては残念ながらひたすらに拷問でしかないためご注意を。

では椎茸好きには歓喜の逸品か?と問われれば、

まぁ、その、椎茸味のカレーてそもそもどうなのよ?ってのはまた別のお話し。

あらためて、規格外のオンリーワンを楽しめる喜びこそがご当地カレーの醍醐味、ですから。

椎茸。

それは日本の誇る食材が一つ。

英語でshiitake mushroom(ホント)

仏語でle shiitake(マジ)

侍もまた「サムラァーイ」であることを考えれば「しいたけ侍」とは、それでそのまま世界に通じるグローバル・ネーム。

狙ってなのか?偶然なのか?

ともあれ世界に羽ばたく日本の侍「シイタケ」に幸あれっ!

って、

どちら様?



一切の説明も無く突如として箱の裏に現れた謎の人物。

え?アナタが「しいたけ侍」さんなの?

気になるわっ!

てことで調べてみたら社長の新野さんでした。

写真がテレビ「ほこ×たて」に出演された時の映像をキャプチャーしたもの、まんまなので、



「うわ、いい感じに映ってんじゃん?ちょっとカレーのパッケージ裏に載せようぜ?」ってなもんなんでしょうけど、

誰なのかぐらいは書いておいたほうが・・・。
コメント
キャプチャ画像見つけたんだ・・・
すごくおんなじです・・・
  • まい
  • 2015/10/31 9:59 AM
>まいさん

こら、女の子がなんてコメントを・・・。
  • サヰキ
  • 2015/10/31 7:25 PM
俺はしいたけ侍も作っちまう男なんだぜ・・・

なんと人名じゃなく、しいたけのブランド名だったっていう笑
  • まい
  • 2015/11/01 6:12 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM