マレーシア「Brahim's Kari Daging Lembu Dengan Ubi Kentang」

  • 2015.11.02 Monday
  • 03:10

ナショナル・コンセンシャスのアグリーメントは持ち前のガバナンスでインテグレーション。

ワールドワイドなレトルトカレーをグローバルにプレゼンしちゃうイノベーションなブログがヤブからスティックに、

はっじまっるよぉー。

国境を越えていただきましたの第二弾はFromマレーシア。

「Brahim's Kari Daging Lembu Dengan Ubi Kentang」



「Brahim's」がメーカー名。

後ろに続くのがマレー語で書かれた商品名なのですが、

基本的にパッケージの文言の全てには英語表記も添えられているのでなんとなくの意味は知れるところ。

訳すと「ジャガイモ入りビーフカレー」。

念のため照らし合わせて検証してみましたが間違いなさそう、てか、いや、マレー語とか初めて訳したわ。

日本・マレーシア間なら動物性のそれも持ち込みOKなのですね。

ちなみに箱に書かれていた「iPhone6が20名に当たるプレゼント・キャンペーン」はすでに期限が切れていました。

残念。

よしんば当選したとしても後々の諸々が震えるほどメンドーそうなのでいいけど。

ここしばらくの間マレーシアに滞在して研究室?のお仕事?

と、言われましてもよくわからなかったので、「あーアレねっ!プラズマ的なナニカだっ!それっ!」、

ってことで私の中では決着してしまった分野に携わるお客様が現地において当ブログをチェックしていたところ、

先んじてFromアメリカのカレーが当店に持ち込まれたことを知り、

「しまった!海外からのお土産カレー一番乗りがっ!」と悔しがりながらも買ってきていただいた、というのが今回の代物です。

なにやってんスか?

ったくぅー、

そういうノリさぁー、

大好き。

お味のほうはココナッツ・ミルクの効いた、ざっくりタイ風カレーと言いますか、スパイスがアクセントのいかにもエキゾチックといった趣。

残念ながら白米との相性はいまいちなれど美味しいアジアン・カレーです。

一緒に買ってきた「キーマ風」は「そうでもなかった」という感想を先に聞いていたのですが、いや、なんならコッチは「アタリ」だったのかな?

特筆すべきはその具材。

牛肉。

味があり、なおかつレトルト規格の外側に位置するジューシーさ柔らかさ。

その一点においては高く評価している「たむけん」のそれに勝るとも劣らないクオリティー。

侮りがたしもなにも正直意識したことなかったけどやるなマレーシア。

調べてみたところ「Brahim's」は「ブラヒムズ フード ジャパン」なる会社もあり、

大きな輸入食料品店ならば日本国内においてもその商品を購入可能なようなので興味がある方は探してみては?

ただし、同じレトルトでも温めてそのまま食べるだけの具材入りカレーの他に、

具材はこちらで用意して作る「ソースのみバージョン」も存在、というかどうもそちらが主力のようなのでご注意を。

いやしかし、

あらためまして、

自分が行ったこともない、

どころか想像もし難い遥か遠い場所、

何処かで、誰かが、これを見れる、見てる、なんてこと、

そりゃ「わーるどわいどうぇぶ」なんだから当たり前と言ってしまえばそれまでのことですし、

リアルにご報告を受けては、本当なんだなって、実感せざるを得ないはずなのですが、

それでも中々実感が沸かない、ふわっとした感覚。

なにかこう、不思議、な気分に、なります、それは。

ごちそうさまです。

ありがとうございました。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM