ベリー・オールド・セントニック 「エンシェント・カスク8年 ライ・ウイスキー」

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 19:55

 

普段はさほどバーボンに熱心なわけでもない人ですら「コレは!」と急に息巻いて謎に持ち上げがちなそのワケは、たぶんそう、分かりやすいから。

 

いわゆる「幻」なやーつ。

 

ヘブンヒル蒸溜所で厳選された原酒のみをわずか3人で、しかも年に2回だけボトリングするという特別感はプレミアム・バーボンの先駆けとしてあの頃尋常じゃなく高価だったブッカーズなどと並び元祖的存在。

 

その名は「ベリー・オールド・セントニック」。

 

んが、

 

当時なら苦も無く入手可能で犬も歩けば普通に買えた代物ならば、その評価と、そして同時に価格がえげつないまでに高まりまくったのは2000年代も10年を過ぎたあたりで終売となり、それからさらにちょっと時間が経過してからのこと。

 

んで、

 

その失われたブランドが復活を遂げたのが今からおよそ2年前。

 

わずかながらに日本にも入ってきたボトルの争奪戦に勝ち残った面々は「あの幻の!」と言わんばかりに、こぞって先のキーワード「ヘブンヒル」「3人」「年2回」を添えオススメしていただきまくりあげたてまつっておられるのが現在なわけです、

 

んが、

 

まーねー、

 

ウソではないかもしれないけれども、

 

もはやたまたまウソではないだけで、

 

復活したそれは2017年にケンタッキー州はネルソン郡にて初の公式クラフト蒸溜所として新規開業したマイクロ・ディスティラリーなのよねー、

 

つーことでブランド名は受け継いで「ベリー・オールド・セントニック」のままですが、逆にそれ以外の全ては変更ってことは良く言って新生?リニューアル?だがしかしまぁある意味別物よね。

 

まぁまぁ、

 

新装開店2年で早速のリリースじゃ、まだ従来のラインで生産していた原酒を使用しているのでしょうけれども、

 

という、

 

最も重要かつ核心的な情報がものの見事に欠落しているどころか、多分おそらく今この瞬間、このブログがその事実を初めて日本語で解説した唯一となると、今に始まったことじゃないけれども、そんなんばっかじゃないですか?まーただよなんなんだよいつもいつも、いよいよひょっとすると実は、逆に、私だけが間違っているのか?あるいは皆と少しだけずれた世界線を歩いているとか?はたまた妄想を見続けているとか?夢か?電波?幻術?スタンド攻撃?おい?オレひょっとして電車の中でワケの分からない妄言をまき散らしながら杖ふりまわして意味不明にブチ切れている危ないジーサンみたいになってるの?やだもうこわい。

 

は、さて置いて、

 

そもそもの「ベリー・オールド・セントニック」に関しては、そりゃまぁ良いバーボンだとは認識しておりましたが個人的には格別に特別というほどの思い入れもなく、

 

ましてや事実上の新規ブランドで、おまけにねー、何がどうとは言わないけれどもいよいよ堂々と流行りのクラフト系ってのがさー。

 

さらにオフィシャルのホームページで「あの!」「かの!」「世界で!ネットで!好評だった!」とか言うてはる姿勢もいかがなものかと思いますればさほど興味は無かったものの、

 

コレが入手可能となれば話は変わります。

 

 

ベリー・オールド・セントニック 「エンシェント・カスク8年 ライ・ウイスキー」

 

 

そう、だって「ライ」ですもの。

 

実質別物であったとしても「ベリー・オールド・セントニック」の名を冠した「ライ」を私が見過ごすわけにいかない理由は賢明な読者様なれば今さら説明など不要でしょうが、

 

「は?マンハッタンなんてCC使っときゃよくね?」などとぬかすボンクラどもに囲まれていた時代から必死こいて探しまくり、ようやく巡り合えた「ベリー・オールド・セントニック」の「サマー・ライ」を、これぞ我がベース・ライだと定めた矢先に失ってから早幾年月。

 

会いたいから恋しくてウーウー言うてみたり、望遠鏡をのぞき込んでみたり、

 

震えてみたりねじ込んでみたり前髪を切り過ぎてみたり、

 

ともかくも急行待ちの踏切あたりをうろつく危ない人みたいになっていたところまではご承知、

 

のはず。

 

ようやくの再会は、それは確かにあの頃のままのキミでないことは百も承知だけれど、

 

それでも、まぁ、ちょっと、久しぶりにテンション上がっちゃった、

 

酒ネタで。

 

それもまたいかがなものか?という問題はスルーして、

 

肝心の中身のほうですが、

 

いや、いいですね。

 

元より香りこそ芳醇にして甘めでありながらもその味は辛口で知られていた「セントニック」ならば「ライ」ももちろん方向性は同じとしていた中では当時から異質なまでに柔らかくふくよかで、あくまでも後味がスッキリ程度のドライな印象は、ともすればウイスキーとしてはどうなのよ?って感じであったからこそ理想のカクテルベースとして惚れたかつての「サマー・ライ」を思い出す仕上がりは、コレだと、コレなんだよ、こういうのでいいんだよ。

 

昔の記憶もおぼろげながらにいよいよ別物っぽいけど方向性さえ同じならそれで良し。

 

まぁまぁ、こちとらあくまでカクテルベースとしてを求めているんで上出来です。

 

だが、

 

しかし、

 

ちょっと待ってくださいよ?

 

そもそもの話なんですが、

 

長期熟成をポリシーにしていたブランドは「ライ」ですら、当時のボトルは「サマー」も「ウインター」も年数表示こそ無かったものの9年以上の熟成を経てからボトリングされていた代物がこの度は8年て。

 

これは明らかなクオリティーダウンであり、やはりその分の深みというかコクの部分がどうにも薄くなっている感は否めません。

 

ねぇ?ホントにこれ「セントニック」?

 

用途が限定的だから私的にはコレでもいいんだけれど、ガチで別物ちゃうの?

 

味は感想にしても明らかに手間は省略されているにも関わらず恥ずかしげもなしに「エンシェント」とかつけちゃって。

 

そういうところから透けて見えるんやでぇ。

 

8年たら以前の「セントニック」のラインナップの中でも最低熟成年数にしていた一番下のクラスじゃないですか?

 

もはや「ベリー・オールド」ちゃうやん?

 

で、

 

で、

 

なのにお値段は約5倍。

 

え!?

 

ギリまだ買えてた5年前の約5倍!?

 

なにが?

 

なんで?

 

ゴ・・ゴゴゴゴゴ・・・、

 

5倍てっっ!?

 

早速の転売価格かと思ったら正規のお値段でこれでした。

 

質は下げて値段は上げて。

 

お前もか?

 

お前も、なのか・・・。

 

色々込みで、諸々踏まえて一言でいえば「ナメられてんだろうな」って思うとさ、

 

諸手を挙げては喜べません。

 

嬉しさも半減よね。

 

いや、使うよ?

 

買っちゃったし。

 

味は、まぁ、悪くないから、

 

使う、

 

けれども、

 

さ。

 

と、ここまですっとぼけて書いたけど、

 

公式さんのスタンスといい、事の進行具合から逆算しても、

 

おそらくは、一旦供給停止→市場価格を高騰→させてから、させてる内に新規ラインの立ち上げ→アッパークラス相手にハイレンジ商品をリリースする新生ブランドとして復活、まではシナリオ通りの事業計画なんでしょ?きっと。

 

あー、それな。

 

たまに見かける手法なやつな。

 

うん。

 

あんま調子ノってんじゃねーぞ?

 

どいつもこいつも。

 

世間はそんなにバカじゃねーからな?

 

いや、

 

そうでもない、

 

というか、

 

どうでもいいのか。

 

このジャンルに関してだけは最近いよいよヤル気が出ない、ってそういえば本業でした。

  • 2019.09.27 Friday
  • 19:15

 

本日届いていた某インポーター様からのメールです↓

 

 

 

【Special】将来への備え!手頃なアイランズモルトを確保すべし!


いつも大変お世話になっております。
新ラインアップへの移行にともない〇〇〇〇の旧ラベルアイテムが次々と姿を消しています。
かつてのビンテージ蒸留所ラベルやマップラベルの✖✖✖✖など、いくつか前のラインとなる旧〇〇〇〇商品は今や手の届きづらい価格になってしまいました。
当然ながら間もなくこの旧△△△もそんな幻アイテムになるわけです。
しかもますますボトラーズからの入手が難しくなっているのがアイラや人気蒸留所、そして島ものと呼ばれるこれらのモルト。
絶対に、絶対に今買っておいて損はありません。むしろ買うべきアイテム!
いずれもわずかの在庫、ぜひ。

 

 

 

いやー。

 

煽るね、どうも。

 

ノリノリやん?

 

文面から伝わってくる見事なまでのバブル感。

 

作り手も売り手も商売繁盛で大いにけっこう。

 

狂乱のウイスキー市場もいよいよここに極まれり、って感じですな。

 

そっか。

 

オレもウハウハサイドの売り手の末端で甘い汁を吸えなくもない、のよね。

 

今なら。

 

うん。

 

絶対にヤだけど。

 

ダンベル何キロ持(っ)てる?

  • 2019.09.21 Saturday
  • 21:47

 

取りも直さずバーテンダーに必要な道具となると決して少なくはないのだが、

 

その中にあっても不可欠と言って過言でない重要なマテリアルと言えば、

 

シェーカー?

 

バースプーン?

 

メジャーカップ?

 

ノンノンノン。

 

ダンベルじゃろがい!一昨日来やがれコノ野郎っ!いらっしゃいませ明後日の未来よりお越しいただきましたスットコドッコイ様ですねっ!ハイこちるぁー!

 

 

「フレックスベル アジャスタブル・ダンベル32kg×2」

 

 

重さを変えられる可変式ダンベルは数あれど、台座に置いてグリップを回すだけで重量を変更できる圧倒的手軽さに加えて、多くのそれが重量に関係なく本体の大きさ(全長)は常に一定であるのに対し、重さに比例して全長が増していくということはすなわち軽量時にはコンパクトであり取り扱いに便利といった絶対的機能性をも兼ね備えた優れモノ。

 

そして何といっても外見。

 

野暮ったいのが普通のこのジャンルにあっては異質な、見る者を魅了する北欧はスウェーデンからやって来ました悪魔的なまでにスタイリッシュなオサレ感は渋谷109前で女子高生100人に聞いた「カレの部屋にあったら嬉しいダンベル」で堂々の一位になるかもしれないと噂のフィットネス界に燦然と輝く憧れアイテムが我が家に!

 

くぅー。

 

キクぅー。

 

とてもキクぅー、

 

のは手持ちのダンベルがすでにあまりにも軽くなり過ぎていたからなんですけれども。

 

と、良いところばかりでなく、いちおう実際に使用してみたからこそのデメリット的な部分も言っておくと、

 

まず分かっちゃいたけど変更が4kg刻みってのはやっぱりちょっと大味。(もう少し細かく設定する裏技もあるらしいけど面倒)

 

それと、あまりにもスタイリッシュなおかげでエッジがシャープ過ぎてもはや凶器です。

 

打撃系の武器っぽいのに斬撃属性も兼ね備えているのでベンチ系から腿の上に置いて、な時などに角度を間違えたりすると自爆しかねないので注意しましょう。


カドに気をつけて、カドに。

 

とは言え逆にそのぐらいしか気になる点が見当たらないならもちろん不満と言うほどでもなく、結果たいへんに満足しております捗ります。

 

にしても、やはり重いは正義っスなぁ。

 

あとカッケー。

 

しかしカッケー。

 

ぬはー。

 

私事ですが、8月半ばをゴールに完遂した減量期から一転、胸と肩を中心にバルクアップを狙った増量期へとシフトするもこれは順調で今現在、このひと月で6kgほど体重は増え、これを10月末まで継続したのちに11月からは再びペッキペキになるべく減量期に突入して次のゴールを正月と定めたからにはキレてやる!キレてやるんだ仕上がってやるんだぜい!

 

今に始まったことではありませんが、

 

よく、

 

「どこに向かっているのですか?」

 

と聞かれます。

 

わかりません。

 

生まれてこのかた迷子です。

 

180日目のカミングアウト。

  • 2019.09.12 Thursday
  • 22:14

 

店づくりの物理的なところを言えば、オペレーションに直接関係する箇所、

 

例えばカウンター内の広さだの作業台までの距離だとかは細かい数字までを私のほうから提示もしましたが、

 

見た目のところ、ことデザインに関しては全くもって一切合切どころか、提示した数値さえ守っていただければ、あとはもう多少機能性を犠牲にしてもらっても構わないので好きなようにカッケーを優先していただくようデザイナーさんにはお願いしていました。

 

それでもなにか要望があれば、と問われた際に、私が唯一言ったのが、それは酒棚についてです。

 

どこのBarに行っても酒棚が「棚」である、と文字に起こすとおかしな日本語になりますが、

 

もっと他に酒の見せ方があってもよいのではないか?ただの棚で終わらない魅力的なバックバーがあってもいいじゃないか?と以前から不満に思っていた私は、さりとて自ら斬新なアイデアを思いつきようもないからこそ、そうリクエスト、というほどではないにしろ一考願えれば、と意見を置いておきました。

 

完成した店は、これが言わば身内の仕事なのであまり私が言うのも手前味噌にもなりかねませんが、そりゃやんごとなきハイブランド様とのっぴきならないお仕事もこなされているデザイナーさんが自社案件だからって好きに全力投球しただけあって見事にスタイリッシュな様子は、むしろ私が似つかわしくなくてジャマじゃない?という素晴らしい仕上がり、

 

だったのですが、

 

一つ、心配事を胸に、今日まで営業してまいりました。

 

そう、

 

件の酒棚です。

 

凡庸ならざる酒棚を作っていただけはしたものの、その手法とはミス・ユニバースよろしくひな壇に鎮座ましますボトルの一本一本にボトムから直接光を当て、各々をライトに見立ててそれ自体を輝かせる、という、

 

まぁ、常識的に考えては「タブー」とされる方法です。

 

 

 

酒に光を当てる。

 

ダメ、絶対。

 

最初にこの案を聞いた時は私も「それは・・・」と、

 

思ったのです、

 

が、

 

ちょっと待ってくださいよ?

 

本当にダメなのかな?と。

 

今の時代であればあるいは・・・。

 

ここチャレンジしどころじゃない?

 

ひょっとして。

 

と考え直すにあたりそもそも、

 

酒に光を当てることの何がいけないのかというと、これはもちろん劣化につながるからですが、

 

厳密を言えば酒を劣化させる要因は光そのものではなく、これにおのずと付随してくる照明器具からの「熱」と「紫外線」と「赤外線」。

 

つまり逆にこの三大要素を完全に排した「ただの光」だけを当てる分には理論上劣化の心配はないはず。

 

近頃はモノによってはそれらの問題をまるっと解決してくれる「LED」なんて便利な代物もございますし、

 

と、事はそう簡単な話でもなく、

 

確かにある種の「LED」を使用すれば「紫外線」と「赤外線」は発生しませんし、「熱」に関してもさほど心配はいらないとはいえ、ディスプレイ用にそれなりの数を並べれば「光」自体はそうでなくとも電力をエネルギーとする機械装置が密閉空間にひしめき合うからにはご立派な熱源と化して台座そのものが熱くなってしまうからさぁたいへん。

 

その問題さえクリアしていただけるのであれば、と言うは易しですが、

 

結局デザイナーさんと職人さんがご苦労なさって見た目のスタイリッシュさからは想像できないぐらいけっこうな手間と労力がかかって裏側は大変なことになっている現在のバックバーが完成したのです、

 

が、

 

それでも私は心配でした。

 

ずっと。

 

イケるんじゃないスか?

 

とか言っときながら。

 

いやだって非凡なものをとか言っちゃった手前もあるけれど、そりゃ確かに大丈夫とは言ったよ?不安材料さえ解消できれば大丈夫とは言ったけれども、それはあくまでも理論上は、って話で、んな実際ボトルに0距離から光を当て続けるなんてやったことないし、わっかんねーじゃん、なにしろ光なんだからさー、いや似非科学だオカルトなんざを言うつもりはないよ?けど未知の不可視光線の中に酒にだけ作用するなナニか?とか、波長が電磁波の光子が量子で謎のインクレディブルパワーがどうとか?わっかんないじゃん?

 

てなわけで、

 

実際に営業が始まってからこっち、よもやおかしなことにならないだろうな?まさかヘンなことが起きないだろな?と、そこそこ割に気が気でない日々を過ごしてまいりました。

 

結論から申し上げましょう。

 

大丈夫です。

 

変化はございません。

 

開業と同時に同一個体から取り分けたサンプルを一方は暗所にて保管しつつ比較を試みるなどの臨床試験も、半年が経過した今現在においては心配していたような変化は見受けられません。

 

いざとなったら改装もやむなしとか大ごとにもなりかねない案件だっただけにあぁ良かった。

 

当然のことながら温度に湿度、品によっては酸化防止の管理までも万全を期しておりますゆえ当店では然るべき状態を保った健全なる酒を御楽しみ頂けること、


当店の酒棚の、そのライティングが何らボトルに影響が無いこと、


ここに宣言いたしませう。

 

まぁ酒に造詣が深い人ほど初見でとりあえず「えっ?!」となりがちな当店のバックバーですが、

 

考えもなく光を当てといて案の定劣化させといて、それを自覚もないまま提供してくるような「なんちゃって」とは違いますのでご安心を。


元よりモノが違うのです、


文字通り土台が、

 

って言える。

 

やっと。

 

ほっ。

 

とは言え「一年を過ぎた途端に・・・」なんてことが、それでも絶対に無い、とは言いきれないので引き続き観察は続くのでした。

 

それってもうただの検品なんじゃね?

 

まぁ、大事だから。

 

それも。

 

うん。

 

エクスプラス デフォリアル 「ゴジラ(2016)第4形態」

  • 2019.09.08 Sunday
  • 22:14

 

こんばんあぁ メビウスの輪から抜け出せなくて いくつもの罪を繰り返してしまう男、サヰキです。

 

後悔はしていない。

 

反省はするつもりがない。

 

そんなこんなでハイ、こちら。

 

 

エクスプラス デフォリアル 「ゴジラ(2016)第4形態」

 

 

2016年公開映画「シン・ゴジラ」に登場した「ゴジラ第4形態」をモデルに作製されたこのフィギュアは後に同メーカーの人気ラインナップとなり今も続く「デフォリアル・シリーズ」の第一弾として2017年に発売された当時の価格は¥5940、

 

が、

 

新機軸のフラッグシップとして気合が違ったのか?クオリティの高さには定評のある同シリーズの中にあっても著しく完成度が高いところに加え、なにしろ近年においてはご指名ナンバーワンの売れっ子「シン・ゴジラ」の商品ということもあり、

 

今現在、新品未開封品ならば¥40000以上、箱無しの中古でも¥20000前後で取引が成立する超プレミアム大人気アイテムとなっている。

 

この度、私は日頃より警戒の体制を緩めることなく監視活動を継続してきたあらゆるオークションサイトの内から、それでも比較的良心的であると現状を鑑みれば言わざるを得ない、いやしかしそれでもやはり高額ではあるのだがこの機を逃してはあるいはもう二度と入手の機会を得られないかもしれない絶好の出品と会敵しては考えるより先に、気が付いた時にはすでにポチってたんやで、せやかて工藤、しかたがないんやで。

 

今一度、

 

後悔はしていない。

 

反省はするつもりが無い。

 

しかし、

 

誰にというワケでもないが、とりあえずなんとなく謝っておきたい気持ちがあるのは何故だろう?

 

ごめんなさい。

 

んじゃ、見ていこう。

 

正面。

 

 

およそ二頭身にアレンジされてもしっかり「シン・ゴジラ」。

 

 

大きさは全高約130mm。

 

密な情報量で一見すると重そうですが素材はPVCなので髪の毛にからんでいても気付かずにうっかりそのままお出かけしてしまい「あの、頭にシン・ゴジラついてますよ?」「きゃ///」から素敵な恋が発展するかもしれない勢いでとても軽いです。

 

前回紹介した「ヘドラ」と、なんとなくのツーショットは、

 

 

なんかちょっと違ったね。

 

てかそもそものモデルのデザインだ形状の違いはあるにせよ、緻密さだクオリティの諸々がやっぱ一段階上をイッちゃってる感がヤバない?ゴジラさん。

 

 

ヨコから。

 

全長だと約140mm。

 

元よりさほど気になるレベルではないにせよ、真横から見ると腕・太もも・背ビレの付け根にある分割線が最も目立つため、この角度はある意味「鬼門」。

 

後ろから。

 

 

太ましいシッポがちょーかわいい。

 

そして上から。

 

 

頭頂部のえげつない作りこみ具合がよくわかります。

 

細かいところを見ていきませう。

 

まずは顔。

 

人形は顔が命。

 

 

はい、すごい。

 

もう、すごい。

 

よく考えると劇中では閉じきることがなかった口が、もはや食いしばっているかの勢いでしっかり閉じられているという何気に大胆なアレンジが施されているにも関わらず違和感が無いどころかえらくしっくりくるのもリアルで説得力のある、主に歯を中心とした口まわりの圧倒的造形クオリティによるものでしょう。

 

このへんは多少の個体差もあるのでしょうが、当該品には目立った塗装ミスも無く、その塗分けはほぼ完璧、

 

だったのですが、塗装と言えば次の箇所がちと問題でして・・・。

 

ココね。

 

 

首にある「元エラ」の部分は劇中でも印象的であったがゆえに目立つポイントでもあり、本来は赤みが強い箇所であるはずが、むしろ確固たる意志を持って執拗に塗りつぶしたかのごとく塗膜も厚めにガッツリ真っ黒。

 

おそらくは雛形モデルが使用されているのであろうオフィシャルの宣材写真を見る限りではやはりちゃんと赤いのですが、現物を使ってレビューされている一般購入者様の手元にあるそれは、やはり一つ残らずどれも黒くなっていたので製品版で変更された「仕様」などではなく現場レベルで生じてしまった「指示ミス」の可能性が高いのかな?と。

 

いずれにせよココだけは看過できなかった私は溝をなぞるようにしてリペイントし、比較的オリジナルの具合に近い感じで改修を試みてみたところ、思った以上に直線的な掘りが悪目立ちしてしまい、これはいかんと結局「IPA」を用いて表面の塗料をボカし、全体に成型色たる地の赤を浮き上がらせるという再現よりも雰囲気重視でなんとなくを理想の着地として手を加えてみた結果がこちら。


 

ま、よろしんじゃないかな?と。

 

お次は尻尾。

 

 

ここだけ見ると造形は後に発売された「凍結バージョン」のほうが気合も入りまくりなので、特に全体に施された「トゲ」の部分は簡略化されている気にもなりますがスケール感からするとむしろ丁度いいぐらいではないでしょうか。

 

先端部分に至ってはもはやデフォルメ感どこいった?なゴリゴリのグロ仕様が素敵。

 

背部。

 

 

背ビレや背筋等の表現は良いのですが側面からと同様、やはり分割線が目立ってしまう残念アングルにございます。

 

さらにこの角度からだと尻尾と首の下の分割線まで露わになってしまうのよねぇ。

 

ふむぅ。

 

で、手とか足とか胴とか、とにかく首から下のほう。

 

 

なにしろ二頭身なのでここら辺ギュってなってるからまとめて、ね。

 

いや、素晴らしい。

 

特徴的な皮膚感の再現は申し分なし。

 

形状はデフォルメしておきながら表現はよりリアルとする、まさに「デフォリアル」な仕上がりは初手から完成していたのですなぁ。

 

いや、素晴らしい。

 

最後に私的なベストアングルから。

 

正面に対しはやや右側、下から見上げるようにして見るべし見るべし。

 

 

見下されるぅー!

 

見下されているぅ―!

 

いやーん!

 

もっとー!

 

もっとちょーだーい!

 

はぁはぁ・・・。

 

てなワケで、ナンヤカンヤと申し上げてまいりましたが、イジワルを言えば確かに少々詰めが甘いかな?という部分が見受けられるにせよ、そもそもが大変満足のいく納得の仕上がりだからこそ、つい余計なとこまで欲しくなっちゃう贅沢なワガママ語りにございました。


素晴らしく素敵なフィギュアです。

 

お礼を言いたいレベル。

 

ありがとうございます。

 

なんかもう助かったよ。

 

ようわからんけど。

 

たぶんドコかでナニかが救われてるよ、コレは、もう。

 

あえて点数をつけるとすると、

 

そうですね、100点満点で、

 

少々贔屓目ではございますが、

 

「愛しています」

 

えぇ、

 

ですから満点を100としたらですよ?

 

まぁ、

 

「愛しています」

 

はい。

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM