バーテンダーとバーテン

  • 2012.11.01 Thursday
  • 00:00


「バーテンダー」。


「バー」は「酒場」、「テンダー」は「世話人」から転じて「優しさ」の意で、


これを略した「バーテン」なる呼称は、


当て所なくさまようロクデナシ「フーテン」と組み合わせて生まれた造語であり、


存在そのものが差別的名称であるため、


現代において「バーテンダー」に対し「バーテン」と呼びつけるのは非常に無礼な行為である。


ってことになってるんです、すっかり。


業界内では。


おそらく大半のお客様からすると、


「え?そうなの?知らずにバーテンさんって呼んでたけど?」ってところでしょうが、


そりゃそうでしょう。


どう考えたって大多数は他意もない、


「リモコン」や「ケータイ」の類と同様の単なる略語であり愛称として使われてきたことは想像に難くなく、


「リーマン」や「スッチー」のようなあからさまな見下し感も無いですから取って付けたように「実は」とか言われても、ねぇ。


過去、それは確かにバーテンダーの社会的立場だの業務内容からして一部の暗黒面をすくい上げ、


侮辱の意を込め「バーテン」なる言葉が創造されたとして、


これを意識的にそういう意味で使っている人が現在にどれだけ存在するのか?と逆に問いたいアナタは間違ってない。


いやさそもそも現在の使用状況から見ても意図も無い自然発生こそが主流で、後付け臭くないか?フーテンとバーテンて・・・。


何しろ「フーテン」なんて言葉を使う人物自体、車寅次郎以外に居やしない現代ならば、


わざわざ風化しつつある黒歴史なんぞ拾ってこないでも放置しとけば一略称「バーテン」として、なんなら親しみさえ加味されて、


かつて含まれていた意味も消失していたであろうものをだがしかし、


現代の「自称バーテンダー」こと「バーテン」に「バーテンさん」などと言おうものなら、


「バーテンダーをバーテンと呼ぶ無知な客」、


「モノを知らない失礼なヤツ」と、


勝手に鬼の首獲った面で喜ぶ輩が増加しつつあるのも著しいのは比較的近年のことなのですが、その理由を説明しだすと、


事細かに、固有名詞まで取り上げながら詳細までを解説できてしまう辺りが私の立場を危うくしかねないのでそこは爽やかにボカしつつ、


もはや「バーテン」なる言葉は使わないのが無難な状況。


つまるところ、過去やら意味やら一切関係無い、


と言うかその辺り受け売りの知識だけでまともに自分の頭で考えた人も少ないでしょうが、


「バーテン」と言うと嬉々として、もとい不愉快になる「バーテンダー」が多く、


彼らはともかくこの世から「バーテン」なる言葉を抹消しようと、


「バーテンダー」を「バーテン」と呼ぶ人間を撲滅しようと躍起なので触らぬ神になんとやらなワケです。


言うだけのことはある仕事してりゃこちとらも文句は無いんですけども、


結局なにが一番問題かと言えば、「バーテン」言われるたびに心の中では舌打ちしつつ、


その場は事を荒立てずスルーしたいやら保身の一心で指摘も説明も無いまま目の前の客だか敵だかをやり過ごし、


後々になってから、あるいは場外で「分かってない」「残念だ」言うてる「バーテン」が多い事実。


それで何がポリシーだ誇りだ?と。


おかげで業界と一般の認識度の差がここまで開いたのでしょうが、


そのぐらいのことは事前に勉強してから「バー」に来いってことか?


おい、それこそ「テンダー」はどこ行った?


もちろん中には立派な志と実現すべき思想を掲げてこれを普及させようと、


真にお客様の為を想い嫌われ役を買ってでもご忠告をするなど、日々ご尽力されている方もいらっしゃるのですが、


いやどれほどいるのですか?


と、不完全なフォローをしつつ、


個人的には淑女が気だるげにこぼす「ねぇ、バーテンさん・・・」なんて語感、


好きだったりするんだけどなぁ・・・。


ま、バーテンダーの何に憧れバーテンダーとなり、何をもってバーテンダーとするかは人それぞれですさかい。

悪習

  • 2014.09.28 Sunday
  • 23:40
ナンセンス。

それはとてもナンセンスな話。

「同業の店でカクテルなんて注文して手を煩わせてはいけない」

「カクテルなんか作らせて目上のバーテンダーの力量を試すようなマネはするな」

とか言うあほうが今でも多いこの業界。

くっだらない。

おかげで一般の人が思っているほどバーテンダーはカクテルなんぞ飲んだ経験、それ自体が乏しかったりする。

そいつの言うオススメのBarってのは当人の感想や相対的な実力が反映されているわけではなく、

せいぜい馴れ合える程度の同レベルが集まって天下一武道会やって喜んでるだけのお友達店だったりただの肩書きだったりとかね。

どこまでもくだらない。

なぁバーテンダーさんよ、アンタが飲んで美味いと思ったカクテルって何よ?

それいつよ?

んで何処でよ?

美味いカクテルを作りたきゃ美味いカクテルを飲みな。

バーテンダーの服装・1前置き

  • 2014.11.10 Monday
  • 19:59
もうけっこう前に聞かれいて、ネット環境が復活したらBar道の方にでも、と思っていましたが、

一向に再開の目処も立たないので下書きがてらこっちにダラッと書いておこうかな、と。

以前にシャツやベストについて触れた記事もあり、重複する内容もあるでしょうが、

まぁ、まとめ記事ってことで。

と、色々書く前に前置きとして。

そもそも現代のバーテンダーにこれでなくてはダメ、といった「正しい服装」があるわけではございません。

どんな格好で仕事しててもそれは各々の自由。

それでなくともBarなんて非日常的空間では多少エキセントリックでアバンギャルドな格好をしていたってなんとなく受け入れられてしまうもの。

だが、

しかし、

アイテムの個々には知っておくべきルールと、それぞれを組み合わせるならなおのこと守るべき公式があるのもまた事実。

この辺がね、最近はね、特にテキトーと言うかメチャクチャと言うか、

とんだファッションモンスターが「他と違う」って特徴の一点押しでドヤ顔しながら「正装ですキリッ」とかやってるから恥ずかしい。

「野球って言ったらなぜか皆バットとグローブじゃないですか?ボクはラケットと足ヒレでもいいと思うんですよ」みたいな。

いやだからまず野球のルール知らない奴がオレ様のオリジナル野球を語ってんじゃねーよ、てかそれ野球じゃねーから、

て言う。

あんまりマニアックな所や、だが例外も、しかし時には、なんて重箱の隅までつつきだすと焦点もブレブレになりそうなので、

アイテム別に知っておきたい基本マニュアルと小ネタ程度だけ書いておきたいようなそんな気分。

さらに踏み込んだ細かいところは自習してもらうなり聞いていただく前提でバサッと言いっぱなしもあるかとは思いますがご了承を。

バーテンダーの服装・2シャツ

  • 2014.11.11 Tuesday
  • 06:06
シャツ。

紳士服では下着に分類されるわけで、

よくあるジャケット着用が義務なんてドレスコードはその場がフォーマルな空間であることの裏返し。

格式とか意識しろよ?シャツは下着ぐらいの常識は頭に入ってる人なりの振る舞いをしろよ?

ってハードルなわけ。

一般的にはそれ単体でちゃんとした「一着」扱いで良いですし、

高温多湿なこの国においては義務教育過程からしてシャツ一枚で制服でございとしている位ですから、

特にフォーマルだなんだとこだわらないならあんまり神経質になる必要も無いでしょう。

やっぱり基本はワイシャツで白一択でしょうが、

まずは言わずもがな清潔であること。

それでいて清潔で嫌が上にも清潔であること。

飲食物を扱いつつ接客する者としてこれさえ守れていれば細かいところはわりと自由でもいいんじゃないですか?

種類やデザインに関しては、それはもう様々だけれども、

そのどれを着ていても受け入れられる環境ができちゃっているし、

組み合わせにしても、例えばドレスシャツには本来、蝶ネクタイにカマーベストがセオリーなんて、最近じゃその限りでは無いようですし、

意図的にシャツのみで着崩してラフな店の演出を狙うのだってありかと。

ただし先に記した通り、フォーマル基準であればシャツオンリーはまずNGな常識からすれば、

そこをあえて上着(ベスト等)無しで押すのなら、自ら当店ラフでカジュアルな店でございますよと強めに主張している自覚は必要です。

そういうところがチグハグなのが一番意味不明でダサイですから。

さて、詳しい知識なんて放っておいても、これだけは知っておきたい実用的ポイントが今回のテーマ。

その人がシャツを着こなせているか?

シャツのこと分かっているか?知っているか?

どこを見られるか?

どこで判断されるか?

それがフィット感。

シャツはサイズ。

マジ、サイズ。

量販店で既製品を買うにしたって「首回り」と「裄丈」(ゆきたけ・首の付け根に当たる部分から肩を通って袖口までの長さ)の数字が必須なことからも分かる通り、

首と袖がポイント。

紳士服の大手チェーンに行ったってS・M・Lじゃないじゃん?

センチ単位で刻んであるじゃん?

そういうことなのさ。

全体的にダボついたオーバーサイズをチョイスしがちな傾向がとにかく強いようですが、

あらためて下着と考えれば分かりやすい?

んなデカパン履いてどうすんの?

イメージはトランクスよりもボクサーブリーフね。

袖に関しては肩から腕を動かすことの多い職種ゆえ、これに支障が出るようでは本末転倒なので、

アームホールから裄丈自体、大きく見積もったとしても、

弛みはアームバンドやガーターを使ってむしろ洒落者演出、って手があるけど、

シャツの着こなしで、特に首元、とにかく首回りがユルユルなんてのは話にならない。

しかもね、もうね、ネクタイ締めてるはずなのに首元に手を差し込めそうなほどガバガバなんて、


それなら丸首のTシャツを着ててくれたほうがいっそ清々しいぐらいにお恥ずかしい。

オーダーメイド、ならそんなこともないだろうけど、どんなに高価な一着だろうと、どんなに有名なブランド物だろうと、

「首回り合ってない」ってだけで大人の装いとしては全てが台無し。

「だってキツイじゃん?」て人は自分に合うシャツ探しを一度真面目に試してみましょう。

「採寸してもらえますか?」

「試着用のカラー(襟)はありますか?」

お店で聞いてみようマジ聞いてみよう。

安物でなくとも自分のサイズに合っていないシャツを適当に選んでいたせいで首、と言うより頸動脈が圧迫されていて苦しかった、

なんてのはよくあること。

しっくりくるシャツを着ると価値観変わるよ?いや本当。

そこまでやっても出てくる違和感やら不満なんかはもうあれだ、

多少は慣れろ、我慢しろ。

努力無くしてオサレ無し。

それからしてそうしてのち興味が出てきたなら、カラー(色でなくて襟の型)のバリエーションだったり織柄などなど、

分かりやすい突飛な変化球に食いついていたのが恥ずかしくなるほどに奥深い、

たかがシャツ、されどシャツの世界を探求してみるのも面白いとか思うのさ。

いずれにせよとりあえずはプレーンなワイシャツの、

かえすがえすもまずサイズ。

特に首。

で、

分かりやすい突飛な変化球と言えば最後にコレ。

だいたい白いシャツならどんなタイプでも受け入れられる環境とは言え、

最近よく見るダブルカフスに主張の強いカフリンクスを組み合わせた中々にゴテゴテなアレね。

モノを知らない初心者こそがこぞって袖を通したがるいかにもなアレですが、

基本的にカフリンクスやカフスボタンはジャケットありきの袖口からたまにチラ見せするのが粋なワケで、

むき出しのシャツに常時見せびらかせる気満々のソレってのはいただけないって話。

フォーマル性の高いダブルカフスなんか選んでおいては「細けーこたーいーんだよ」なんて言い訳は通用しない。

そもそもサービスマンが着るべき服ではないし、作業従事者の自覚を疑われても仕方がない格好だし、

決して相応しいとは言えないどころかかなりのルール違反をしでかしていて、

キチンとしてるっぽい枠の中から最高に見栄えのするアイテムを選んでカッコつけたつもりが、

一周まわってスパンコールのタキシードみたいになっていることは自覚しておきましょう。

譲れないポリシーとか相当の覚悟も無いで、

手っ取り早くどっかから持ってこれた分かりやすい自分らしさに飛び付いちゃっただけなんだテヘペロ、

ってんなら素直に改めちゃえ。

人と違う立派な服をデタラメに着たおしたって意味ないの。

ありきたりの服でもスマートに着こなすほうがよっぽど難しくて価値がある。

まぁ、人の事は言えない、ってのは実は私も若い頃に、

「俺はダブルカフスにカフスボタンのシャツしか着ないぜ」

とかやってた時期がありましたんでね。

きゃあ。

ただね、意地でもむき出しダブルカフスが絶対のタブーというわけではなくて。

知り合いにもいますもん、

そこ以外の所も完全に作り込んで、美学を具現化した私はエンターテイナーだ、これはその衣装だ、

って「それだけ」に止まらずトータルで徹底して、逆に、あえて、
明確な目的のための手段としてこれを取り入れているバーテンダーも。

そこまでいけば文句は無い、

どころかそれは素敵。

「それだけ」以外も、ってことは全部を知った上で分かってなきゃできない芸当なわけだから、

なにより説得力がなきゃ意味ないから、

なんにせよやっぱり勉強が大事、ってこと。

バーテンダーの服装・3.00ベスト

  • 2014.11.12 Wednesday
  • 02:31
実用的なポイントだけをまとめて、

ってつもりがやたらに不純物が多くて長い記事になりつつあったので、

先にこっちに要点だけアップしとこうとか思いました。

言うほど短くもなければまとめきれてもいませんが。

「ベスト」

ベスト着用の場合はベルトをせずサスペンダーが正式、なのは今時実践しなくてもいいから頭にだけ入れておきましょう。

重要なのはスーツのそれと同じ、基本的に一番下のボタンは外しておくこと。

きっかけは「へ?」ってエピソードだけどこれが正式ってことになっているので。

内容はググってどうぞ。

以上、

てことでまず一番下のボタンさえ外しておくという、意外とできていないこのポイントさえ押さえておけばとりあえずのルール違反は回避できるとして、

以下は参考までに。

ベストの着こなしに最も求められるのがシャツ以上のフィット感。

作り手たる職人をして、

シャツやジャケットよりも身体のラインにきっちり添わせる高度な技術が必要、

と言わしめてしまうことからも分かる通り、

本来シャツの上、ジャケットの下で胴回りを完全に包み込むベストは身体にジャストフィットさせてナンボの代物なのです。

だいたいのベストには後ろに調整ベルトがあるにしたって、そんな程度じゃおっつかないオーバーサイズを着ている人が多いようですが、

ガバガバのユルユルでシャツとベストの間にあちこち隙間が見てとれるベストなんざ膝で履いてるブリーフです。

それに、

そこそこにフィットしたベストを着ているアナタも安心はできません。

足りてますか?

それは、

つまり、

胸板だ。

胸板、つまり大胸筋。

いや、ふざけてないぞ?

その他の紳士服にも言えることだが、同じ服でもモデルやマネキンが着ていたサンプル姿と自分の着こなしがあまりにも違って見える、

素材の違いは否めないにしたってどうもボリューム感に乏しく全体のシルエットが平面的で貧相で、、

これではまるで違う服のようではないか?、と感じるその理由の多くは胸板の薄さにある場合が多い。

洋服とは文字通り西洋のものならば、紳士服とは大人の外人のガタイと魅力を引き立てるべく発展してきたデザインであり文化だ。

となるといくら日本人向けにカスタマイズされようが、あの肉体的にはチートな連中を基本とする設計図が前提にある以上、

そこそこのスペックが必須とされるわけで、

まだ身体ができていない若者など特に、どうしたってスーツに着られているように見えるのはこの辺りに原因がある。

それでもジャケットならば肩のボリュームはパットで、

胸は芯地でフォローできるものの、

これがベストとなるとそうもいかないどころか欠点こそがより強調され、

放っておいても出てくる腹とは違って、

鍛えなければどうにもならない胸のボリュームが圧倒的に足りない人が多いため、

痩せた胸にフォーマルベストを羽織ってみたところで、

正面からは胸に生地が乗っかっている感ゼロ、

横から見ると本来は胸の部分が一番盛り上がり、腰にかけて絞られていくはずのラインが、

良くてストンっ、てかペタンっ、悪けりゃ逆に下へいくほど広がってしまうのだ。

服は着手の魅力を引き出すためのスパイス。

ベストなるスパイスこそは胸板という素材を生かすためにあるのならば、

そのっ!

素材がっ!

無くっちゃ話にならないでしょーがぁー!!

胸板を飾るベストなればこそっ!

ベストは胸で着ろっ!

オラッ!言ってみろっ!

「大胸筋っ!」

ハイッ!

「大胸筋っ!」

ハイッ!

「大胸筋っ!」

声が小せぇ!

「大胸筋っ!」

ウルセーーーッ!!

言ってる間に腕立てだぁー!

鍛えよう。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM